15回目を迎える【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】、仙台フィルが初登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15回目を迎える【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】、仙台フィルが初登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
15回目を迎える【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】、仙台フィルが初登場

15回目を迎える【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】、仙台フィルが初登場


 2019年7月27日から8月12日まで、ミューザ川崎で開催される【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】のラインナップ記者会見が、3月27日に行われた。
その他画像

 ミューザ川崎がオープンした翌年の2005年にスタートした【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】。本フェスの特徴の1つは、首都圏の様々なオーケストラが一堂に会することだが、15年目を迎える今回は、招聘するオーケストラの範囲を広げ、仙台フィルハーモニー管弦楽団が初登場する。また、世界の若手音楽家を中心に結成されるPMFオーケストラが2年ぶりに登場。チーフ・アドバイザーの秋山和義は「日本中のオーケストラを、皆様に紹介したい」と意気込みを述べた。

 プログラムはオーケストラやオルガン、ジャズなど全部で20公演。オープニングははジョナサン・ノット(指揮)、タマラ・ステファノヴィッチ(ピアノ)、東京交響楽団が登場し、バリー・グレイ「サンダーバード」、リゲティ「ピアノ協奏曲」、ベートーヴェン「交響曲 第1番」というエキサイティングなプログラムで幕開けする。その他、井上道義と読売日本交響楽団はブルックナー「交響曲 第8番」で一本勝負、ルドルフ・ルッツ(パイプオルガン)は、2018年に闘病の末亡くなった佐山雅弘氏の追悼曲を披露する。

 また、新進気鋭のソリストや指揮者も本フェスに集結。藤田真央(ピアノ)は、小林研一郎(指揮)、日本フィルハーモニー交響楽団とともに、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番」を、NHK交響楽団はNYを拠点に活躍する原田慶太楼(指揮)と反田恭平(ピアノ)という注目の2人とともに、世界を巡るようなプログラムを上演する。

 なお、15周年を迎える本ホールは現在、舞台設備改修のため休館中。今回のフェスティバルでは、リニューアルされたばかりのホールを楽しむことも、魅力の一つだろう。同ホールでは15周年事業として10月5日、6日に約400名の出演者によるシェーンベルク「グレの歌」も予定されている。


◎公演情報
【フェスタサマーミューザKAWASAKI2019】
2019年7月27日(土)~8月12日(月・振休)
ミューザ川崎シンフォニーホール、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
全20公演

【グレの歌】
2019年10月5日(土)、6日(日)
ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:ジョナサン・ノット
ヴァルデマール:トルステン・ケール(テノール)
トーヴェ:ドロテア・レシュマン(ソプラノ)
山鳩:藤村実穂子(メゾ・ソプラノ)
農夫:アルベルト・ドーメン(バリトン)
道化師クラウス:ノルベルト・エルンスト(テノール)
語り:サー・トーマス・アレン
管弦楽:東京交響楽団
合唱:東響コーラス


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい