yonige「初めての海外ライブが台湾でよかった」、ダーツで決めた追加公演が大盛況 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

yonige「初めての海外ライブが台湾でよかった」、ダーツで決めた追加公演が大盛況

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
yonige「初めての海外ライブが台湾でよかった」、ダーツで決めた追加公演が大盛況

yonige「初めての海外ライブが台湾でよかった」、ダーツで決めた追加公演が大盛況


 yonigeが、【君のおへその形を忘れたツアー ダーツで決めた追加公演:台湾編】を、2019年3月23日に台北のPIPE LIVE MUSICで開催した。
その他画像

 自身初の海外ライブとなったこの台湾公演は、昨年11月30日にZepp Tokyoで行われたツアーファイナルのアンコールで、追加公演の開催場所をダーツで決めるという企画が行われた際に、牛丸ありさ(vo,g)が海外公演を当てたことにより開催された。

 開演のSEの後、1曲目「リボルバー」が始まると早速フロアからはクラップが起こり始め、「our time city」「バッドエンド週末」と、曲が続くにつれ観客たちは体を揺らしながら聞き入っていく。中盤では、ダークな照明と共に「ベランダ」「しがないふたり」「沙希」といった曲達を披露。新旧織り交ぜたセットリストでも口ずさみながら手を挙げるなど、曲ごとにリアクションをする台湾のファンの姿が印象的で、ごっきん(b)が「大家好(皆さんこんにちは)」と現地の言葉での挨拶。ライブ前に台湾グルメを堪能したエピソードをMCで披露すると、観客たちも歓声で応えていた。

 終盤は、「センチメンタルシスター」「アボカド」「さよならアイデンティティー」といったライブでも定番の楽曲たちを熱のこもった演奏で畳み掛け、この日一番の盛り上がりを見せた。牛丸ありさが「初めての海外ライブが台湾でよかった。またライブハウスで会いましょう」と挨拶をして、「さよならプリズナー」「最愛の恋人たち」で締めくくりステージを後にした。

 アンコールが起こると再びステージに登場。auのCMソング「笑おう」、この季節にピッタリな最新アルバム『HOUSE』収録の「春の嵐」を披露して終演となった。

PHOTO:太田好治

◎セットリスト
【yonige 君のおへその形を忘れたツアー ダーツで決めた追加公演:台湾編】
2019年3月23日(土)台北PIPE LIVE MUSIC
01. リボルバー
02. our time city
03. バッドエンド週末
04. 顔で虫が死ぬ
05. 2月の水槽
06. 最終回
07. 悲しみはいつもの中
08. ベランダ
09. しがない二人
10. 沙希
11. どうでもよくなる
12. また明日
13. トラック
14. センチメンタルシスター
15. アボカド
16. さよならアイデンティティー
17. さよならプリズナー
18. 最愛の恋人たち
アンコール
19. 笑おう
20. 春の嵐

◎ツアー情報
【yonige pre【これ、落としましたよ】ツアー】
2019年5月26日(日)下北沢Daisy Bar
2019年5月28日(火)広島LIVE VANQUISH
2019年5月30日(木)福岡LIVE HOUSE CB
2019年6月05日(水)新潟GOLDEN PIGS RED
2019年6月07日(金)名古屋APOLLO BASE
2019年6月11日(火)寝屋川VINTAGE
2019年6月12日(水)神戸太陽と虎
2019年6月14日(金)高松DIME
2019年6月17日(月)仙台MACANA
2019年6月18日(火)千葉LOOK
2019年6月21日(金)旭川CASINO DRIVE
2019年6月22日(土)札幌PENNY LANE24

◎公演情報
【yonige 日本武道館【一本】】
2019年8月13日(火)日本武道館


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい