高橋一生、エレカシ宮本プロデュースで歌手デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高橋一生、エレカシ宮本プロデュースで歌手デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
高橋一生、エレカシ宮本プロデュースで歌手デビュー

高橋一生、エレカシ宮本プロデュースで歌手デビュー


 2019年4月13日よりスタートするテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『東京独身男子』の主題歌を高橋一生が務めることが分かった。

 『東京独身男子』は、人並み以上の容姿を持ち、独身ライフを謳歌する3人のアラフォー男性が、あるときを境に結婚を意識するようになっていくラブコメディドラマだ。主演を高橋一生が務め、斎藤工、滝藤賢一が共演する。そしてそのドラマの主題歌「きみに会いたい- Dance with you-」を主演の高橋一生が担当。エレファントカシマシの宮本浩次が楽曲を提供し、全面プロデュースもしている。

 昔からエレカシの大ファンだった高橋は、主演ドラマの主題歌を初めて歌手として担当することになり、それに伴い初めてのオリジナル楽曲をお願いするのは、敬愛する宮本浩次しかいないと楽曲提供をオファー。デビュー以来30年間、自身のバンド以外での楽曲提供及びプロデュースを一度も行っていなかった宮本も、高橋一生であれば喜んでと即断し、2人での楽曲打ち合わせや制作を重ねて、本曲が完成した。

 「きみに会いたい~」は、高橋が演じるメガバンク勤務の石橋太郎をイメージして宮本が書き下ろした楽曲で、ドラムに屋敷豪太、ベースに根岸孝旨、ギターに名越由貴夫など宮本が信頼する超豪華ミュージシャンが集結。曲について高橋は「未だに夢のようです。それも浩次さん初のプロデュースに。畏れ多いのですが、同時に光栄でもあって。夢中で歌っていたと思います」とコメントしている。


◎番組情報
『東京独身男子』
2019年4月13日(土)より、毎週土曜夜11:15~放送


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい