BLUE ENCOUNT、累計3900万DL超えの人気野球ゲーム“パワプロ”とのタイアップが決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BLUE ENCOUNT、累計3900万DL超えの人気野球ゲーム“パワプロ”とのタイアップが決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BLUE ENCOUNT、累計3900万DL超えの人気野球ゲーム“パワプロ”とのタイアップが決定

BLUE ENCOUNT、累計3900万DL超えの人気野球ゲーム“パワプロ”とのタイアップが決定

BLUE ENCOUNTがKONAMIのモバイルゲーム『モバイルゲーム実況パワフルプロ野球』とタイアップすることが明らかになった。

 累計3900万超えのダウンロード記録を持つモンスター・アプリとして、野球ゲームの頂点に君臨する<パワプロ>。パワプロがアーティストとコラボするのは25周年企画として実施される今回が初となり、その第1弾アーティストとしてBLUE ENCOUNTが起用される。

 タイアップ楽曲として使用されのは、BLUE ENCOUNTが6月5日にリリースするミニ・アルバム『SICK(S)』収録の「ハウリングダイバー」だ。メンバーの江口雄也はかなりのパワフロ・フリークで、自身もプレイヤーとして全国的にもトップランカーと言えるスコアを持っているという。


◎田邊駿一(BLUE ENCOUNT)のコメント
小学生の頃、友達がそこまでいなかった僕は
常に教室の端っこ保持者
そんな時、父が買ってくれたのがスーファミ版のパワプロでした
その当時まだそれを持ってる人は皆無
端っこ保持者は、気付けば教室と話題の真ん中で得意げに笑っておりました
パワプロは今も昔も誰かにとっての仲間の輪を広げてくれる大事な存在になっているのだと思います
今回作った曲は
何もできなかったあの頃の自分に
何かを壊して進めたあの頃の自分に
しっかりと思いを馳せて生み出せた作品です
こんな時代だからこそ、
吠えたいように吠えれますように

◎江口雄也(BLUE ENCOUNT)のコメント
パワプロ3でひたすら友達と天才型を厳選し、サクセスにのめり込んだ小学校低学年時代。
親に内緒で買ったパワポケでひたすらミニゲームに勤しんだ小学校高学年時代。
パワプロ99の冥球島でひたすらキューバに負け続けた中学時代。
いくつものパワプロとの歴史を共に歩き、パワプロアプリと出会って早3年。
僕がゲームを語る上で、決して外せないものがこの実況パワフルプロ野球シリーズになります。そしてそのパワプロの歴史に恥じないぐらいの楽曲を完成させることが出来ました。アプリを楽しむ中で、僕たちの楽曲も一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

◎リリース情報
ミニアルバム『SICK(S)』
2019/6/5 RELEASE
<完全生産限定盤(CD+Tシャツ)>
KSCL-3168~3169 4,167円(tax out)
<通常盤(CD)>
KSCL-3170 1,667円(tax out)
[収録曲]
01.PREDATOR
02.ワンダーラスト
03.ハウリングダイバー
04.#YOLO
05.幻聴


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい