新生マジカル・パンチライン よみうりランドで涙の熱弁「絶対に! Zeppでワンマンライブを開催したい!」6人の青春=アイドル人生を体現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新生マジカル・パンチライン よみうりランドで涙の熱弁「絶対に! Zeppでワンマンライブを開催したい!」6人の青春=アイドル人生を体現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
新生マジカル・パンチライン よみうりランドで涙の熱弁「絶対に! Zeppでワンマンライブを開催したい!」6人の青春=アイドル人生を体現

新生マジカル・パンチライン よみうりランドで涙の熱弁「絶対に! Zeppでワンマンライブを開催したい!」6人の青春=アイドル人生を体現


 今年2月24日に結成3周年記念ワンマンライブを開催し、この日より6人体制での活動をスタートさせた新生マジカル・パンチライン。3月23日 よみうりランド・日テレらんらんホールにて【マジカル・パンチライン大感謝祭~ともだち1000人出来るかな?無銭ライブ~】を開催した。
その他ライブ画像

<彼女たちの青春=アイドル人生を体現した新曲「今日がまだ蒼くても」>

 同イベントは、吉澤悠華(15歳)に吉田優良里(13歳)といった幼き新メンバー加入後初の新曲「今日がまだ蒼くても」の初披露からスタート。2016年の結成から発起人・佐藤麗奈の卒業、レーベル移籍などなど紆余曲折あったマジカル・パンチラインだが、その曲名通りにフレッシュでありながらも「こんなところで逃げ出したくない」とエモーショナルに歌い上げる姿が彼女たちの青春=アイドル人生を体現しているようで、新生マジカル・パンチラインにとってのアンセムとして響いていた。なお、同曲は、6月19日にニューシングルとしてリリースされることが決まっている。

 冒頭から気合い漲るパフォーマンスを繰り広げた彼女たちは、その後も移籍第一弾シングルにしてマジパン史上最もキュートなザッツ・アイドルソング「Melty Kiss」をはじめ、弾けるような笑顔がよく似合う多種多様なポップチューンを連発。新メンバー含む6人、オリジナルメンバー(清水ひまわり、沖口優奈、浅野杏奈、小山リーナ)4人で披露するナンバーを振り分けたり、イベントタイトルにもあるようにともだち1000人作るべく「友達になりたいんで、いろんなこと聞いていいですか?」とメンバーからオーディエンスに質問したり、とにかくハイテンション&ハイトーンでトークし続けたり、よみうりランドのマスコットキャラクター・グッド&ラッキーとプレゼント抽選会や「ONE」のコラボパフォーマンスを繰り広げたり、客席を練り歩きながら歌うサプライズもあったり等々、無銭ライブだからと一切手を抜かない、大感謝祭という銘打ちに相応しいイベントを作り上げていた。

<「私たちが皆さんをなんとしてもZeppへ連れて行きたいな」と思いました>

 そんなイベントにおいて特筆したいのは、沖口優奈の心情吐露。後半「まだまだみんなの声が聞きたいです。一緒に暴れましょう!」とシャウトしながら「私が私を燃やす理由」「万理一空 Rising Fire!」といったロックモードのキラーチューンを全身全霊で歌い叫び、その熱量に呼応するようにサイリウムの光が激しく揺れ、胸打たれた彼女は熱く語り出した。涙を溢れさせながら。

 「今日は新曲「今日がまだ蒼くても」を披露させて頂いたんですけれども、私たちは6人体制になって、目標であるZeppでのワンマンライブへ向けて一生懸命歩いていこうと決めたんですけど、やっぱりZeppってね、めちゃめちゃデカいですし、目標としてはまだまだ私たちが及べない、まだ行けない場所にあると思っていて。現実として今日も「ともだち1000人出来るかな?」と言っていたんですけど、この会場を満員にすることは出来ませんでした。でも、私、語弊があると思うけど、それでも全然良いと思っていて! これが「今のマジパンだ」ってことだし。でも、今日、1曲目からこのステージからみんなの笑顔や姿を見ていると、後ろに空席があることなんて忘れちゃうぐらい、もう本当に楽しくて! めちゃめちゃ楽しくて「マジパンに入れて良かったな!」と改めて思いました。

 今日こうやってよみうりランドに、天気も良くないのにわざわざ来て下さった皆さん。今までは「皆さんに支えられてここまで来た」と言っていたんですけど、今日このライブをして「私たちが皆さんをなんとしてもZeppへ連れて行きたいな」と思いました。ここに来てくれたともだちのみんな、遠くから応援しているみんなを連れて、絶対に! Zeppでのワンマンライブを開催したいと思います! 今はまだまだ夢の途中ですが、私たちマジカル・パンチラインはこれからもずっとずっと歩き続けていきたいと思います!」そして、6人は声が震えるほど想いを溢れさせながら「今日がまだ蒼くても」を再び大声で響かせた。

 そんな溢れる想いを胸に活動する新生マジカル・パンチラインは、前述の新シングルリリース後、7月6日 大阪・梅田Zeela、7月14日 東京・SHIBUYA STREAM Hallにてそれぞれワンマンライブを開催。完全なる飛躍モードのマジパンに今後も要注目だ。

取材&テキスト:平賀哲雄

◎マジカル・パンチライン【マジカル・パンチライン大感謝祭~ともだち1000人出来るかな?無銭ライブ~】セットリスト:
00.Overture
01.今日がまだ蒼くても(新曲)
02.ハルイロ
03.Melty Kiss
04.パレードは続く
05.手のひらがえし
06.マジカル・ジャーニー・ツアー
07.私が私を燃やす理由
08.万理一空 Rising Fire!
09.今日がまだ蒼くても(新曲)
10.ONE
En1.Melty Kiss
En2.今日がまだ蒼くても(新曲)

◎リリース情報
シングル『今日がまだ蒼くても』
2019/06/19 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい