aiko、FM802春のキャンペーンソング作詞/作曲を担当 タイトルは「メロンソーダ」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

aiko、FM802春のキャンペーンソング作詞/作曲を担当 タイトルは「メロンソーダ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
aiko、FM802春のキャンペーンソング作詞/作曲を担当 タイトルは「メロンソーダ」

aiko、FM802春のキャンペーンソング作詞/作曲を担当 タイトルは「メロンソーダ」


 FM802が、毎年実施している『FM802×TSUTAYA ACCESS! キャンペーンソング』を、今年はaikoが作詞/作曲を手掛けることが発表された。

 FM802×TSUTAYA ACCESS! キャンペーンでは、人気アーティストが多数参加するオリジナル・キャンペーンソングを制作し、FM802で毎年独占オンエア。過去には、忌野清志郎、槇原敬之、岸田繁(くるり)、秦 基博、尾崎世界観(クリープハイプ)などが作詞/作曲を手掛けてきた。

 そして今年開局30周年キャンペーンソングの作詞/作曲を担当するアーティストはaikoに決定。今回12年目となるキャンペーンソングで、初めて女性アーティストが担当することになる。

 そして、多数のシンガーと歌い繋ぐ本楽曲のユニット名はRadio Darlings(レディオ・ダーリンズ)に、曲のタイトルは「メロンソーダ」に決定した。

 なお、Radio Darlingsに参加するシンガーは3月31日朝7時からオンエアの、FM802『SATURDAY AMUSIC ISLANDS-MORNING EDITION-』内で発表され、完成したFM802 30PARTY ACCESS!キャンペーンソング「メロンソーダ」は、4月1日朝6時、FM802『TACTY IN THE MORNING』から独占オンエアされる。

 今回キャンペーンソングを担当したaikoからのメッセージは以下のとおり。


◎aikoメッセージ

FM802が開局されたのは1989年で私が14才の頃でした。

ラジカセから流れてくる曲には音符や色がついて見えそうなくらい迫力があって、夢があって、おもしろくて。FM802は私の音楽の教科書のようなものでした。

いつしか「私も歌手になって、802から曲が流れるような歌を歌いたい」と思うようになりました。そんな私がこの度FM802のキャンペーンソングのお話をいただき……え?……なんで??わたしが……?どういうこと??と、本当にパニックになってしまいました。こんな夢みたいな事が起こっていいのでしょうか。いまだに夢のようです。やはり音楽は、聴く側にも、届ける側にも、夢がずっとあるのです。なので、ずっと夢のような時を過ごしてきました。

「メロンソーダ」ができた時に「あ……14才の頃、最初に802を聴いていた時はメロンソーダを飲んでいたけど、今はビールを飲んでいる私がおるなー」って、なんだかこの曲で、ようやく私自身も改めて過去を振り返る事が出来た感じがしました。

この曲がこれから先、聴いてくださったみなさんにとっても一緒にゆっくり歩ける1曲になってほしいと思います。

本当に感動しています。ありがとうございます!!

あいこより


◎楽曲情報
企画名:FM802 30PARTY FM802×TSUTAYA ACCESS! キャンペーン
ユニット名:Radio Darlings
タイトル:「メロンソーダ」
作詞・作曲:aiko


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい