ゆず「また石巻に来ることができて嬉しい」、東北の復興を願って「栄光の架橋」生披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゆず「また石巻に来ることができて嬉しい」、東北の復興を願って「栄光の架橋」生披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ゆず「また石巻に来ることができて嬉しい」、東北の復興を願って「栄光の架橋」生披露

ゆず「また石巻に来ることができて嬉しい」、東北の復興を願って「栄光の架橋」生披露


 ゆずが、2019年3月24日に宮城県石巻市総合運動公園で開催された聖火台返還セレモニー【ありがとう聖火台~感謝の集い~】に登壇し、灯された聖火台を背負いながら、「栄光の架橋」を生披露した。
ゆず その他画像

 同所に設置されていた聖火台は、東日本大震災からの復興を世界に発信することを掲げた“復興五輪”の取り組みとして、旧国立競技場から一時的に石巻市が借り受けていたもの。その聖火台が今年5月に返還されることを受け、石巻市復興課が主体となって開催された同イベントは、男子ハンマー投げ金メダリストで東京五輪組織委員会スポーツディレクター・室伏広治と地元児童による点火式からスタート。その後、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長・森喜朗をはじめ、復興大臣・渡辺博道、スポーツ庁長官・鈴木大地らが来賓祝辞を述べた。

 特別ゲストとして登壇したゆずは、グループを代表して北川悠仁が「来年開催の2020年東京オリンピックが素晴らしいものになりますように、そして、ここ石巻市をはじめ、東北のさらなる復興への祈りを込めて、この歌を贈ります」と挨拶。聖火台の灯火を背負いながら、2人だけの弾き語りスタイルで「栄光の架橋」を歌唱した。

 さらに北川は、東日本大震災後、復興支援として何度も石巻市を訪れているゆずとして、「僕たちは“またあおう”の約束を東北と繋いできた。また石巻に来ることができて嬉しい」とコメント。また、2004 年アテネオリンピック NHK テーマソングに起用されて以降、オリンピックの定番曲として定着している「栄光の架橋」を聖火台の前で歌唱したことについては「誇りに思います」と笑顔を見せた。

撮影:セーニャ・アンド・カンパニー

◎ツアー情報
【ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~】
5月11日(土)愛知・ナゴヤドーム
5月12日(日)愛知・ナゴヤドーム
5月29日(水)東京・東京ドーム
5月30日(木)東京・東京ドーム
6月08日(土)大阪・京セラドーム大阪
6月09日(日)大阪・京セラドーム大阪
7月06日(土)福岡・福岡ヤフオク!ドーム
7月07日(日)福岡・福岡ヤフオク!ドーム


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい