『3月22日はなんの日?』新作リリース控えるジャズ・フュージョン界の大御所、ジョージ・ベンソンの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月22日はなんの日?』新作リリース控えるジャズ・フュージョン界の大御所、ジョージ・ベンソンの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月22日はなんの日?』新作リリース控えるジャズ・フュージョン界の大御所、ジョージ・ベンソンの誕生日

『3月22日はなんの日?』新作リリース控えるジャズ・フュージョン界の大御所、ジョージ・ベンソンの誕生日


 3月22日はギタリスト/シンガーとして活躍するジャズ・フュージョン界の大御所、ジョージ・ベンソンの76歳の誕生日。

 ベンソンは1943年3月22日、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれ。1964年にリーダー作『ザ・ニュー・ボス・ギター』でデビューを果たし、68年にはマイルス・デイヴィスの『マイルス・イン・ザ・スカイ』のレコーディングに参加。同作はマイルスにとってはじめてエレクトリック・ギターを採用した作品だったこともあり、シーンの注目を集めた。その後もジャズ・フュージョン界を中心にギタリストとして活動を続けていたベンソンにとって、大きな転機となったのが、1976年発表の名作『ブリージン』。収録曲の「マスカレード」で自身がボーカルをとり、新境地を開拓。これが全米ビルボード10位のヒット曲となり、アルバム『ブリージン』は全米ビルボードチャートにおいてジャズ、R&B、そして総合チャートで首位を獲得、同年度のグラミー賞2部門を受賞する快挙を達成した。

 その後も『イン・フライト』(1977年・全米9位) やクインシー・ジョーンズをプロデューサーに起用した『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』(1980年・全米3位)など立て続けにヒット・アルバムをリリースし、その人気を不動のものに。ジャズ界にとどまらずAORやソウル・ファンからも支持される幅広い音楽性とソウルフルな歌声を武器に活動を続けている。

 ジョージ・ベンソンは4月にファッツ・ドミノやチャック・ベリーらのカバーを中心とした新作『ウォーキング・トゥ・ニューオーリンズ』をリリース予定。5月からは同作をひっさげた全米ツアー、7月にはカナダと欧州ツアーが控えている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい