東京女子流 新井ひとみ、KOO輩DJ“ひっと”として活動することを発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京女子流 新井ひとみ、KOO輩DJ“ひっと”として活動することを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
東京女子流 新井ひとみ、KOO輩DJ“ひっと”として活動することを発表

東京女子流 新井ひとみ、KOO輩DJ“ひっと”として活動することを発表


 東京女子流のメンバー新井ひとみが、3月21日~24日の4日間連続、東京・渋谷で開催の【IDOL RAVE FACTORY~LIVE 2019 in Spring~】初日のステージ上で、DJ KOO(TRF)の「KOO輩DJ“ひっと”」として期間限定で活動する事を発表した。
その他画像

 新井ひとみは今年2月に開催されたライブ中に足を痛め、歌唱のみでステージに立つ姿がしばらく続いていたが、21日に行われたイベント「IDOL RAVE FACTORY」にてDJ KOOと共演した際に、新しいことにチャレンジし東京女子流のステージをより一層楽しく華やかなものにしたいという想いから大先輩でもあるDJ KOOにステージ上で弟子入りを志願し、DJ KOOも「可愛い事務所の後輩の為に」と快諾。まさかの弟子入りが決まった。

 そんな経緯もありDJブースにスタンバイした新井ひとみに何も知らない客席が驚きに包まれる中で始まった東京女子流のライブは、新井ひとみのDJ風な「カモン!」の掛け声で始まり、「Partition Love」や、先月発売されたばかりの新曲「光るよ」など、新旧を織り交ぜた構成を普段とは異なるDJならではのコール&レスポンスを交えて会場を盛り上げた。

 イベントの最後にはDJ KOO、たこやきレインボー、LinQ、東京女子流、総勢19名がステージ上に集合しTRFの大ヒット曲「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」を全員で歌唱し、客席がステージが一体となったお祭り騒ぎのような盛り上がりの中、IDOL RAVE FACTORY(Day-1)は幕を閉じた。

 東京女子流は4月24日にライブアルバムを発売、5月25日には「CONCERT*07 10年目のはじまり」として中野サンプラザでの公演も決定している。


◎新井ひとみコメント
足のケガが治るまでの間、ダンスができない分、歌はもちろんの事、色んな事にチャレンジして、より東京女子流のステージを今まで以上に楽しく、ハッピーな空間にさせていきたいと前向きに考えています。
ファンの皆様には、いつもいっぱいの笑顔やご声援や優しいメッセージをいただきありがとうございます。
これからも東京女子流を応援してくれたら嬉しいです。
宜しくお願いします。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい