アモン・アマース、11thアルバム『ベルセルク』発売決定&「レイヴンズ・フライト」MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アモン・アマース、11thアルバム『ベルセルク』発売決定&「レイヴンズ・フライト」MV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アモン・アマース、11thアルバム『ベルセルク』発売決定&「レイヴンズ・フライト」MV公開

アモン・アマース、11thアルバム『ベルセルク』発売決定&「レイヴンズ・フライト」MV公開


 アモン・アマースの約3年振りとなるニュー・アルバム『ベルセルク』が、日本はソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより5月15日に発売されることが決定、日本盤のみのライヴ・アルバム付きデラックス・エディション(2CD)仕様も発売する。

 またアルバムの詳細とともにアルバムからの1stシングル「レイヴンズ・フライト」(Raven's Flight)がYouTubeにて公開された。

 すでに25年以上のキャリアを誇るスウェーデン出身の彼らは、初のコンセプト・アルバムとなった前作『ヨムスヴァイキング』(2016)で、見事ドイツとオーストリアで1位、スイス3位、フィンランド4位、スウェーデン5位、カナダ8位など各国のアルバム・チャートでキャリア史上最大の躍進を遂げたことにより、欧州メタル・フェスのヘッドライナー級に登りつめることに成功した。

 日本でも2010年のLOUD PARK、2014年のKNOTFEST、2018年のサバトンとのジャパン・ツアーと定期的な来日の機会を得て、その威風堂々としたヨハン・ヘッグの低音スクリームと高速メロディック・ヘヴィ・チューンで着実にファンを増やしている。

 そんな彼らの11作目『ベルセルク』(“狂戦士”の意)は、プロデューサーにジェイ・ラストン(アンスラックス、ストーン・サワー他)を迎え、ロサンゼルスでレコーディングされた。アルバムについてヴォーカルのヨハン・ヘッグは次のように語る。

「ジェイとの作業は最高だったよ。スタジオも素晴らしかったし、ジェイの方法論が俺たちにとって新しいものだったんだ。彼は1曲ずつレコーディングすることを提案してくれたんだ。そうしたらすべて既にセットアップしてあるから、何か変えたくなったときに立ち戻って変えるのが楽だからってね。興味深かったよ。それに最高の時間を過ごせたんだ。前作はコンセプト・アルバムだったけど、俺たちはすべての作品をコンセプト・アルバムにしないといけないみたいな状況には陥りたくなかったんだ。だから今回は違う。そこから離れて、もう少し多彩なものにすることを検討したいと考えたんだ。歌詞から何からね。歴史的なものから神話的なソースまで、たくさんの様々なものからアイディアを得たんだ。俺にとってこの作品は“アモン・アマース2.0”だね」。

 アルバムが発売される5月には、アモン・アマースはスレイヤーの全米フェアウェル・ツアーのサポートに抜擢されることが決定している。


◎リリース情報
『ベルセルク』
2019/5/15 RELEASE
<デラックス・エディション>
SICP 6121~2 3,200円(tax out)
<通常版>
SICP 6123 2,400円(tax out)

◎収録曲
[CD 1]
1.Fafner's Gold/ファフナーズ・ゴッド
2.Crack the Sky/クラック・ザ・スカイ
3.Mjolner (Hammer of Thor)/ミュルニル(ハマー・オブ・トール)
4.Shield Wall/シールド・ウォール
5.Valkyria/ヴァリキュリア
6.Raven's Flight/レイヴンズ・フライト
7.Ironside/アイアンサイド
8.The Berserker at Stamford/ザ・バーサーカー・アット・スタムフォード
9.When Once Again We Can Set Our Sails/ウェン・ワンス・アゲイン・ウィ・キャン・セット・アワ・セイルズ
10.Skoll and Hati/スコル・アンド・ハティ
11.Wings of Eagles/ウィングズ・オブ・イーグルズ
12.Into the Dark/イントゥ・ザ・ダーク

[CD 2] *日本盤デラックス・エディションのみ
- Live at Summer Breeze 2017-
1.The Pursuit of Vikings/ザ・パースート・オブ・ヴァイキングズ
2.As Loke Falls/アズ・ロキ・フォールズ
3.First Kill/ファースト・キル
4.The Way of Vikings/ザ・ウェイ・オブ・ヴァイキングズ
5.At Dawn's First Light/アット・ドーンズ・ファースト・ライト
6.Cry of the Black Birds/クライ・オブ・ザ・ブラック・バーズ
7.Deceiver of the Gods/ディシーヴァー・オブ・ザ・ゴッズ
8.Destroyer of the Universe/デストロイヤー・オブ・ザ・ユニヴァース
9.Death in Fire/デス・イン・ファイア
10.Father of the Wolf/ファーザー・オブ・ザ・ウルフ
11.Runes to My Memory/ルーンズ・トゥ・マイ・メモリー
12.War of the Gods/ウォー・オブ・ザ・ゴッズ
13.Raise Your Horns/レイズ・ユア・ホーンズ
14.A Dream That Cannot Be/ア・ドリーム・ザット・キャノット・ビー
15.Guardians of Asgaard/ガーディアンズ・オブ・アスガルド
16.Twilight of the Thunder God/トワイライト・オブ・ザ・サンダー・ゴッド


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい