ザ・ルーツのクエストラヴ、植物肉を使用したサンドイッチを北米で展開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・ルーツのクエストラヴ、植物肉を使用したサンドイッチを北米で展開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ザ・ルーツのクエストラヴ、植物肉を使用したサンドイッチを北米で展開

ザ・ルーツのクエストラヴ、植物肉を使用したサンドイッチを北米で展開


 【グラミー賞】受賞バンド、ザ・ルーツのクエストラヴが、植物肉インポッシブル・ミートを使用した“クエストラヴ・チーズステーキ”を発売すると発表した。

 チーズステーキとは、クエストラヴの出身地である米フィラデルフィア発祥の、炒めた薄切り肉と溶けたチーズを長いパンに挟んだホットサンドだ。2019年3月28日に開幕するMLBシーズン中に、フィラデルフィアのシチズンズ・バンク・パークで開催されるフィリーズのホーム・ゲーム全81試合で販売されるほか、今夏からは北米各地のライブ・ネイションが所有し経営する40会場でも提供される。ライブ・ネイションは昨年、インポッシブル・ブランドの植物肉を初めてコンサート会場で発売し、35会場でインポッシブル・バーガーを販売した。

 クエストラヴはこの新たな試みについて、「この商品は2018年にフィラデルフィアで開催した毎年恒例の【ルーツ・ピクニック】ミュージック・フェスティバルで初めてテストしてみた。主に友人や家族ばかりで賑わっていたVIPエリアで、あらかじめ説明せずに(クエストラヴ・)チーズステーキを提供したら、“肉”がビーフでなく植物由来だって伝えても誰も信じてくれなかった」と説明している。

 彼はさらに、「僕とスタッフは、この商品をもっと大きなレベルで本格展開する好機を見出した。フィリーズとライブ・ネイションと最初にパートナーになれたのは最高だ、故郷フィラデルフィアへの愛と音楽への愛の証拠に同時になるから。けれども、この商品の目標は、クエストラヴ・チーズステーキが購入できるレストラン、コンサート会場、小売店などのグローバルなネットワークを作り上げることだ」と抱負を語っている。

 クエストラヴは食通として知られ、食にまつわる創造性がテーマの『something to food about: Exploring Creativity with Innovative Chefs』と題された本を出版しているほか、一流シェフや思想的指導者、そしてさまざまな業界のクリエイターと料理の世界について掘り下げる動画シリーズ『Food Salon』のホストも務めている。また、Food Council for City Harvestのメンバーであり、Food Education Fund at Food & Finance High SchoolとMuseum of Food & Drinkの運営委員会の一員でもある。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい