90’sロックが鳴り響く『キャプテン・マーベル』最新映像が公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

90’sロックが鳴り響く『キャプテン・マーベル』最新映像が公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
90’sロックが鳴り響く『キャプテン・マーベル』最新映像が公開

90’sロックが鳴り響く『キャプテン・マーベル』最新映像が公開


 今年国内で公開された洋画のNo.1オープニングを記録した映画『キャプテン・マーベル』で、作品を彩る数々の90年代ロック曲が話題になっている。
その他画像

 初動3日間で興行収入6億1514万円、動員40万8225人を記録した本作は、マーベル初の単独女性ヒーローの活躍とそのパワフルかつチャーミングなキャラクターが絶賛されているが、SNS上では本作のシーンで鳴り響く劇中歌も話題となっている。鑑賞者からは、「90’s音楽盛りだくさんなのがアガった。」「90年代的な映像プラス洋ロック…最高」「主人公がNINE INCH NAILSのTシャツ着てたり、90年代のアメリカ音楽文化がふんだんに盛り込まれてて、心地よかった!」など、劇中に流れる珠玉の名曲が映画好きのみならず音楽好きをも唸らせている。

 この度、ディズニー・スタジオ公式から、劇中歌のエラスティカの「コネクション」を使用したレトロ感溢れる映像が公開。劇中にはほかにも、ガービッジの「オンリー・ハッピー」やノー・ダウトの「ジャスト・ア・ガール」、ニルヴァーナの「カム・アズ・ユー・アー」、ソルト・ン・ペパーの「ホワッタ・マン」が使用されており、全米公開後、これらの楽曲のセールスが大幅に上昇するなど、音楽界でもブームとなっている。爽快かつポップなノリの良さとキレのあるアクションを、劇場の大きなスクリーンで、爆音で楽しんでみては?

◎公開情報
『キャプテン・マーベル』
全国公開中
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2019


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい