ザ・ローリング・ストーンズ、最新ベスト盤『HONK』を4/19に発売 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・ローリング・ストーンズ、最新ベスト盤『HONK』を4/19に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

ザ・ローリング・ストーンズ、最新ベスト盤『HONK』を4/19に発売

ザ・ローリング・ストーンズ、最新ベスト盤『HONK』を4/19に発売


 1971年から2016年の『ブルー&ロンサム』までのすべてのスタジオ・アルバムから大ヒット曲や名曲を収録した、ザ・ローリング・ストーンズの最新のベスト・アルバム『HONK』が、2019年4月19日にリリースされる。

 CD2枚組、LP3枚組、そしてデジタル・ダウンロードで発売される『HONK』には、ストーンズの名曲が36曲収録される。収録曲には、「ブラウン・シュガー」、「ダイスをころがせ」、「悲しみのアンジー」、「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」、「愚か者の涙」、「ミス・ユー」、「エモーショナル・レスキュー」、「スタート・ミー・アップ」というTOP10ヒッツが8曲収められている。

 また、2012年に発表され、シングルとしてヒットした「ドゥーム・アンド・グルーム」や2016年に【グラミー賞】も受賞した『ブルー&ロンサム』から「ジャスト・ユア・フール」、「ライド・エム・オン・ダウン」、「ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー」の3曲も収録される。

 CD3枚組デラックス・エディションのボーナス・ディスクには、世界中のスタジアムを満員にしたバンドの最近のツアーからのライヴ音源が10曲収録。【50&カウンティング・ツアー】からは、2013年6月に米フィラデルフィアでブラッド・ペイズリーと共演した「デッド・フラワーズ」、フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールと共演した「ビッチ」を収録。他にも【ノー・フィルター】UKツアーとして、2018年5月に英ロンドンで行なわれた公演からは、フローレンス・ウェルチをフィーチャーしたゾクゾクするような「ワイルド・ホース」、エド・シーランが参加した「ビースト・オブ・バーデン」が収録されている。

 スタジオ録音の36曲にライヴの10曲を加えた4枚組LPのデラックス盤も発売される。この美しい重量盤LPは特別なスリップ・ボックスに収納される。

 デジタル盤も2種類発売予定で、ひとつはスタンダード版(36曲)で、もうひとつはデラックス・エディションと同じ内容(36曲&ボーナスのライヴ10曲)になる。iTunesでは予約、および先行トラックとして入手できるフローレンス・ウェルチとのデュエット「ワイルド・ホース」(ライヴ)の配信も開始となり、Apple Musicでは先行して「ワイルド・ホース」のビデオが公開されている。

◎リリース情報
アルバム『HONK』
2019/4/19 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい