SEKAI NO OWARI、“王道なサウンドの中にも自分達の色がある”「蜜の月 -for the film-」配信限定リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SEKAI NO OWARI、“王道なサウンドの中にも自分達の色がある”「蜜の月 -for the film-」配信限定リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

SEKAI NO OWARI、“王道なサウンドの中にも自分達の色がある”「蜜の月 -for the film-」配信限定リリース

SEKAI NO OWARI、“王道なサウンドの中にも自分達の色がある”「蜜の月 -for the film-」配信限定リリース


 SEKAI NO OWARIが、映画 『君は月夜に光り輝く』 主題歌 「蜜の月 -for the film-」を、映画公開日となる2019年3月15日に配信限定リリースする。

 主題歌 「蜜の月 -for the film-」は、2月27日にリリースとなったアルバム『Lip』に収録されている「蜜の月」に、映画『君は月夜に光り輝く』のため新しくアレンジを施したバージョン。配信のジャケットは、映画でもメインビジュアルとなっている、光り輝く「月」が印象的な作品となった。



◎SEKAI NO OWARI コメント
新しいアルバムの制作期間中に今回のお話を頂き、その時既に完成しつつあったものの、主題歌として映画により寄り添えるよう にアレンジし直した楽曲が「蜜の月 -for the film-」です。 サウンドプロデューサーとして小林武史さんと共に制作を行い、王道なサウンドの中にも自分達の色がある楽曲に仕上がりまし た。アルバムに収録された「蜜の月」とは一味違うアレンジを気に入って頂けるとうれしく思います。

◎リリース情報
デジタル・シングル「蜜の月 -for the film-」
2019/03/15 RELEASE

◎公開情報
映画 『君は月夜に光り輝く』
2019年3月15日(金)公開
原作:佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
出演:永野芽郁 北村匠海 甲斐翔真 松本穂香 今田美桜 / 優香 生田智子 長谷川京子 及川光博
監督・脚本:月川翔(『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい