【米ビルボード・アルバム・チャート】ホージア自身初の首位、ソランジュ新作7位デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・アルバム・チャート】ホージア自身初の首位、ソランジュ新作7位デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【米ビルボード・アルバム・チャート】ホージア自身初の首位、ソランジュ新作7位デビュー

【米ビルボード・アルバム・チャート】ホージア自身初の首位、ソランジュ新作7位デビュー


 ホージアの新作『ウェイストランド、ベイビー!』がNo.1デビューを飾った、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 ソング・チャート“Hot 100”で最高2位をマークした「テイク・ミー・トゥ・チャーチ」(2013年)のヒットで知られる、アイルランド出身のシンガー・ソングライター=ホージア。同曲が収録された2014年リリースのデビュー・アルバム『ホージア』は、主要各国でTOP10入りを果たし、ワールド・セールスは100万枚を突破するヒットを記録。本作『ウェイストランド、ベイビー!』は、そのデビュー作から約4年半ぶり、自身2作目となるスタジオ・アルバムで、前作の2位を上回る、自己最高位にして初の首位獲得を果たした。本国アイルランドでは2作連続の快挙。

 週間ユニット数は89,000で、そのうちアルバムの純粋な売上枚数が75,000枚と、そのほとんどがセールス・ポイントによるものだった。3月10日からスタートするツアー・チケットとの連動も、ヒットに大きく貢献している。ロック・アルバムが1位を獲得するのは、2018年12月1日付チャートでNo.1デビューした、マムフォード・アンド・サンズの『デルタ』以来およそ3か月ぶりで、コロムビア・レコードの作品としては、2018年4月7日付チャートで1位に初登場した、ジャック・ホワイトの『ボーディング・ハウス・リーチ』以来11か月ぶり。

 2018年9月にリリースされたEP盤『ニーナ・クライド・パワー』から、メイヴィス・ステイプルズをフィーチャーした同名曲がアイルランド・チャートで久々のTOP10入りを果たしたが、この曲他、EP盤収録の「シュライク」も本作『ウェイストランド、ベイビー』にも収録されている。また、リリース直前に発売された先行シングル「オールモスト」も同チャート12位まで上昇し、UKチャートでも久々のランクインを果たした。3曲目に収録された「ムーヴメント」は、前週3月9日付アダルト・オルタナティブ・ソング・チャートで3位にランクインしている。

 先週2位にダウンしたアリアナ・グランデの『thank u, next』は、遂に10万台をきって86,000ユニットまでダウンした。【第91回アカデミー賞】効果により、先週1位に浮上した『アリー/スター誕生』のサウンドトラックは3位にダウンし、42%減の74,000ユニットまで数字を落とした。

 ラッパー、2チェインズの新作『ラップ・オア・ゴー・トゥ・ザ・リーグ』は4位に初登場。週間ユニット数は65,000で、そのうちセールスが13,000枚、7割近くがストリーミングによるユニットだった。本作は、2017年7月にリリースした前作『Pretty Girls Like Trap Music』(最高2位)から1年半ぶり、通算5作目となるスタジオ・アルバムで、これまでリリースした5枚のアルバムは全てTOP10入りした。No.1に輝いた2012年のデビュー・アルバム『Based on a T.R.U. Story』から、ラップ・チャートでは5作連続の1位をキープ。ここ最近は、他アーティストとのコラボレーションが主な活動だった2チェインズだが、自身の人気も衰えていないことを証明した。

 続いて5位は、米ペンシルベニア州出身の若手ラッパー、リル・スカイズの新作『シェルビー』がデビュー。週間ユニット数は54,000で、アルバムの売り上げが6,000枚。そのほとんどがストリーミングによるユニットだった。若年層に人気のラッパーは、とにかくストリーミングが強い。本作は、昨年1月に発表したデビュー作『ライフ・オブ・ア・ダーク・ローズ』から1年ぶり、2作目のスタジオ・アルバムで、前作の10位を大きく上回る自身初のTOP5入りとなった。

 3月1日にサプライズ・リリースされたソランジュのアルバム『ホウェン・アイ・ゲット・ホーム』は、7位に初登場。週間ユニットは43,000で、アルバムの売り上げ枚数が11,000枚。ダウンロード数とストリーミングは安定した比率だが、ストリーミングが思いのほか伸び悩み、2016年にリリースした3rdアルバム『ア・シート・アット・ア・テーブル』に続く、2作連続のNo.1デビューは叶わなかった。TOP10入りは、2ndアルバム『ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(2008年)から3作連続。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、3月15日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ウェイストランド、ベイビー!』ホージア
2位『thank u, next』アリアナ・グランデ
3位『アリー/スター誕生』サウンドトラック
4位『ラップ・オア・ゴー・トゥ・ザ・リーグ』2チェインズ
5位『シェルビー』リル・スカイズ
6位『ボヘミアン・ラプソディ』サウンドトラック
7位『ホウェン・アイ・ゲット・ホーム』ソランジュ
8位『ドリップ・オア・ドラウン2』ガンナ
9位『ファザー・オブ・フォー』オフセット
10位『Hoodie SZN』ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい