ドラえもんのタイアップで大ブレイクとなるか?! 平井大の新曲が急上昇【Chart insight of insight】 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドラえもんのタイアップで大ブレイクとなるか?! 平井大の新曲が急上昇【Chart insight of insight】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

ドラえもんのタイアップで大ブレイクとなるか?! 平井大の新曲が急上昇【Chart insight of insight】

ドラえもんのタイアップで大ブレイクとなるか?! 平井大の新曲が急上昇【Chart insight of insight】

 今週のHot100で、平井大の「THE GIFT」が10位にチャートインした(【表1】)。2011年にデビューし、ウクレレを抱えたサーフ・ロックの代名詞となった平井は、すっかり音楽ファンの間ではおなじみとなった。昨年発表した7作目のアルバム『WAVE
on WAVES』は、Hot Albumsで6位をマークしたし、ツアーも軒並みソールドアウトという人気ぶり。しかし、大ヒット曲と呼べるレパートリーはまだこれからだ。

 そういった意味においても、「THE GIFT」はひとつのチャンスだろう。この曲は『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の主題歌となったことで、続々とメディア露出が始まっている。2月12日に先行配信され、27日にはフィジカルのCDもリリースされた。これに伴い、ラジオのオンエア回数は今週2位にまで上昇。ダウンロードは10位、フィジカルのCDは30位、ストリーミングは45位とまだこれからといったところだが、テレビの露出も始まったので、映画と連動してさらに伸びるのではないだろうか。

 ドラえもん映画絡みのヒット曲といえば、秦 基博の「ひまわりの約束」が記憶に新しい(【表2】)。この曲もCDのセールスよりダウンロードが強く、粘り強いプロモーションでロングセールスに結びついたという印象がある。平井大の「THE GIFT」も、さらに露出を広げてラジオオンエアの好調を継続し、グレーユーザーを取り込みながら、レンタルやカラオケなどにうまくつなげれば、ロングセールスの可能性は高まるはず。しばらくその動向をチェックしておきたい一曲だ。Text:風奏陽


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい