『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”ジョージ・マーティンの命日 没後3年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”ジョージ・マーティンの命日 没後3年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”ジョージ・マーティンの命日 没後3年

『3月8日はなんの日?』“5人目のビートルズ”ジョージ・マーティンの命日 没後3年


 3月8日は“5人目のビートルズ”といわれたイギリスの音楽プロデューサー、ジョージ・マーティンの命日。

 ジョージ・マーティンは1926年1月3日、英・ロンドンのハイベリー生まれ。音楽学校でクラシック音楽について学び、1950年に英EMIに入社。1962年からビートルズに携わるようになり、以降、数々のヒット曲のプロデュースを手がけた。ビートルズのプロデュースでは、オーケストラやエフェクトによる具体的な音楽表現に落としこむ部分で大きな役割を果たしたと言われており、「イエスタデイ」や「ア・デイ・イン・ライフ」など、現在でも広く知られるビートルズの名曲のオーケストラ・アレンジで手腕を発揮した。

 ビートルズの解散後もポール・マッカートニー&ウィングスによる映画『007 死ぬのは奴らだ(Live and Let Die)』(1973年)のサウンドトラックや、同じくポールのソロ作『タッグ・オブ・ウォー』(1982年)などをプロデュース。ほかにもジェフ・ベック、チープ・トリック、エラ・フィッツジェラルド、スタン・ゲッツ、ケニー・ロジャース、ピーター・ガブリエル、スティング、カーリー・サイモン、ケイト・ブッシュなど、錚々たるメンバーのプロデュースをおこない手腕を発揮。マーティンは米ビルボードHot 100において『最も多くNo.1を獲得したプロデューサー』という記録を保持している。

 マーティンは1996年にナイトの爵位が授与され、2002年にはエリザベス女王即位50周年コンサートの総監督を務めるなど、イギリス音楽界の巨匠として活躍を続けたが、2016年3月8日、90歳でこの世を去っている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい