「COOL JAPAN PARK OSAKA」で初の音楽ライブ開催!【FM802 30PARTY RADIO PARK -HEAVY ROTATION Night-】レポート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「COOL JAPAN PARK OSAKA」で初の音楽ライブ開催!【FM802 30PARTY RADIO PARK -HEAVY ROTATION Night-】レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
「COOL JAPAN PARK OSAKA」で初の音楽ライブ開催!【FM802 30PARTY RADIO PARK -HEAVY ROTATION Night-】レポート

「COOL JAPAN PARK OSAKA」で初の音楽ライブ開催!【FM802 30PARTY RADIO PARK -HEAVY ROTATION Night-】レポート


 2月23日にオープンしたばかりの劇場型文化集客施設「COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール」にて、FM802がライブイベント【FM802 30PARTY RADIO PARK】を開催した。同イベントは各日異なるテーマで3月2~5日の4日間に渡り実施。FM802がおすすめするオープニングアクト含め14アーティストが出演した。そこで今回は初日の「FM802 30PARTY RADIO PARK -HEAVY ROTATION Night-」をレポート!タイトルどおりFM802のヘビーローテーションに名を連ねる全4組の豪華競演を紹介する。
その他ライブ画像

 真新しい会場に歴代ヘビーローテーションの曲がSEとして響き、ライブへの期待が高まるなか、FM802のDJ・大抜卓人が登場。今日の公演が同会場での初音楽ライブということを伝えると大きなどよめきも起こって、いよいよイベントがスタートする!

●SHE'S   2018年8月度ヘビーローテーション
ガッツポーズで勢いよく登場した4人は、ボーカルのサビで始まる「The Everglow」でエモーショナルな幕開け!スピード感を増して「Un-science」につなげると、力強いビートと軽快なピアノでテンションを上げる。正方形に近い形の会場では、指差し歌う井上の気合の入った様子を後方からでも見て取れ、同ホールの初ライブのトップという重圧からか、MCの微妙な緊張感も伝わってくる。しかし曲となれば、さすがのアクト。ヘビーローテーション曲「歓びの陽」ではサビ前からの高揚感が鳥肌ものだ。美しいピアノの旋律も際立ち、サビでは感情を爆発させ、次の「Night Owl」ではスケール感も創出。さらに、重なる4人の音が華やかで迫力も十分な2曲でアッパーに畳み掛ければパーティの様相に!そしてラスト「Over You」ではリップシンクしながらハンズアップする人を続出させ、全員が一つになって跳ね、盛大に打ちあがった。

●Anly     2016年12月度ヘビーローテーション
一人、ギター1本で勝負に臨む彼女のステージは、静寂のなかにブレスを響かせてヘビーローテーション曲の「カラノココロ」から。 "Anly"印とも言えるループペダルや、切り裂くファルセットで独自の音世界を作り出し、曲後には"いろんなことに悩んで作ったけど、みんなの笑顔を見て、頑張ってよかったなって思いました"と、思わず思いをあふれさせる。だが、Red Hot Chili Peppersのカバー「Can't stop」などではラップも披露。アグレッシブな一面を垣間見せると、「Sunshine」や「DREAM ON」ではムードを一変。朗らかな歌声やウィスパーでやさしく包み込む。そして最後はバラード「Venus」で清らかなハイトーン。どこかエキゾチックで、かつ静謐な感触はオーディエンスを異次元へと誘い、全6曲締めくくった。大抜が"ビビッときた"という圧倒的な歌唱力にノックアウトされた人も少なくなかったことだろう。

●松室政哉    2018年2月度ヘビーローテーション
サポートギターと2人のレアな編成で現れると、"泣きのバラード"「オレンジ」で初っ端から"松室ワールド"全開!「毎秒、君に恋してる」と続けてストーリーテラーっぷりを発揮し、ぐいぐいと曲の物語に引き込む。しかもサービス精神旺盛に"でき立てほやほやです"という新曲もチョイス。せつなさと焦燥感が共存する同曲は、彼流の応援ソングとして今後、世に広まるに違いない。そして今度はその多面的な魅力で引きつけ、「Matenro」では哀愁たっぷりのギターと力のこもるボーカルで"麻痺してんだよ"の咆哮を耳に焼きつけると、「今夜もHi-Fi」では歌詞よろしく"トレンディなポップスター"感大。その多才さに心地よく翻弄されるが、やはりとどめはヘビーローテーション曲でもある「きっと愛は不公平」。その感傷的な言葉とメロディには多くの観客が視線を落とし聴き入り、曲に没入した。

●THE CHARM PARK    2018年12月度ヘビーローテーション
ワンマンライブと同じというバンド編成で、まずは「アタック」のきらめくポップを小気味いいコードワークでおしゃれに繰り広げ、1曲目から沸騰!そして自然体でハッピーな彼らしい空気感でMCから「カルペ・ディエム」へと地続きで進み、途中にはシンガロングを生んで早くもクライマックス?と思わせる壮大な光景も生み出す。また、大抜も絶賛するギタープレイで「マジック」を奏でれば、その波打つサウンドに会場はさらに白熱し、これぞライブのお楽しみ!といったところだ。その後も遊び心満点に「そら」「Don't Stop」と連投。背面弾きや連弾と舞台上も大盛り上がりで、勢いそのままに一人残らず上昇気流に乗せれば、今日のラストでヘビーローテーション曲「Imperfection」へとたどり着く。その圧倒的なキャッチーさと爽快さでまさに大団円!……となるが、一向に興奮と拍手は収まらない。すると、"くるとは思わなかった(笑)"と本人も笑うアンコールの「Always」へ!全員で歌い、最後の最後までドラマチックかつ多幸感あふれるパファーマンスで見事に約35分間を走り抜けた。完璧なトリを務めたTHE CHARM PARKとバンドには、まさに脱帽だ!

 4組それぞれの個性が光るライブは、実質約3時間半の長丁場にも関わらずあっと言う間。終始オーディエンスがクラップにハンズアップに……と存分に音楽に身を委ねる「COOL JAPAN PARK OSAKA」初音楽ライブにふさわしい記念の一夜となった。なお、この日のライブ音源はFM802の様々な番組で随時オンエアされる。

撮影:渡邉一生
提供:FM802
取材・文:服田昌子

◎イベント情報
【FM802 30PARTY RADIO PARK -HEAVY ROTATION Night-】
2019年3月2日(土)※終了
出演:Anly/SHE'S/THE CHARM PARK / 松室政哉
MC:大抜卓人(FM802 DJ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい