マドンナ、物議を醸した「ライク・ア・プレイヤー」MV公開から30年を“祝う” 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マドンナ、物議を醸した「ライク・ア・プレイヤー」MV公開から30年を“祝う”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マドンナ、物議を醸した「ライク・ア・プレイヤー」MV公開から30年を“祝う”

マドンナ、物議を醸した「ライク・ア・プレイヤー」MV公開から30年を“祝う”


 現地時間2019年3月4日、公開当時に物議を醸した「ライク・ア・プレイヤー」のミュージック・ビデオのリリースから30年を“祝う”投稿をマドンナが行った。

 彼女は、「30年前の今日、私は“ライク・ア・プレイヤー”をリリースし、私が黒人の聖人とキスし、燃える十字架の前で踊ったために多くの物議を醸したビデオを制作しました」とビデオの一部とともに投稿。さらには、「ペプシとCMも作ったのですが、私のビデオが不適切だと判断されたため、放送禁止となりました。私と論争にハッピー・バースデー!」と自虐的にコメントしている。

 また、彼女はこの前日に同ビデオをインスタグラムに投稿しようとしたところ、皮肉にもブロックされたことも明かしている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい