エディ・ヴェダー、映画『アリー/スター誕生』から「Maybe It’s Time」をカヴァー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エディ・ヴェダー、映画『アリー/スター誕生』から「Maybe It’s Time」をカヴァー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
エディ・ヴェダー、映画『アリー/スター誕生』から「Maybe It’s Time」をカヴァー

エディ・ヴェダー、映画『アリー/スター誕生』から「Maybe It’s Time」をカヴァー


 現地時間2019年3月3日、米アリゾナ州で開催された【Innings Festival】で、パール・ジャムのエディ・ヴェダーが、映画『アリー/スター誕生』から「Maybe It’s Time」のカヴァーを披露した。

 本曲は、劇中でブラッドリー・クーパー演じる主人公のロックスター、ジャクソン・メインが歌うナンバーで、ジェイソン・イズベルが作曲している。また、クーパーにとって米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にエントリーした初の楽曲となった。

 過去にクーパーは、ジャクソンのキャラクターがヴェダーに一部インスパイアされていると語っており、ヴェダーはこの曲をカヴァーするのにまさに適任と言えるだろう。

 映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックは、現地時間2月24日に開催された【第91回アカデミー賞】で「シャロウ」が<歌曲賞>を受賞したことをうけ、最新の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位に返り咲いている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい