大ブレイク間近?! King Gnuの売れ方とは【Chart insight of insight】 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大ブレイク間近?! King Gnuの売れ方とは【Chart insight of insight】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
大ブレイク間近?! King Gnuの売れ方とは【Chart insight of insight】

大ブレイク間近?! King Gnuの売れ方とは【Chart insight of insight】


 今週のHot100もリリース週の楽曲がいくつもチャートイン。年度末に向けてのリリースラッシュが始まっている。そのなかで、一際目立つのが9位にチャートインしたKing Gnuの「白日」だ(【表1】)。King Gnuは、今年の1月にアルバムを初メジャー・リリースして勢いに乗っているが、この曲は日本テレビ系ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌に抜擢され、俄然注目を集めている。すでにツアーもソールドアウト続出という人気ぶりということもあり、一気にお茶の間に浸透するのではないだろうか。

 2月22日に配信された「白日」は、アルバムには未収録の新曲でフィジカルのCDはないが、ダウンロードだけみると3位、ストリーミングでも15位と非常に調子が良い。ラジオのオンエア回数も見ても分かる通り、メディアでの露出も順調のようなのでまだまだ機運はある。これでツイッターやカラオケなど他の要素が絡んでくれば、さらに上位をマークする可能性があるだろう。CDの売上がなくても、この勢いがあれば、昨年のあいみょんのようなブレイクにつながるかもしれない。

 事実、昨年9月にインディーズでリリースした「Prayer X」も、初動は配信だった(【表2】)。ダウンロードの最高位は15位で、その後のCDセールスの最高位は29位。ここからも、配信に強いアーティストであることがよくわかる。どこかのタイミングでブレイクすれば、一気に旧作の配信がチャートに上昇してくるだろう。まさに今はブレイクポイントを狙っている状態といえる。あとは、リリースやプロモーションをうまく仕掛けることによって、一気にヒットアーティストへと成長するはずだ。Text:風奏陽


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい