【先ヨミ・デジタル】『ヒプノシスマイク The Champion/T.D.D LEGEND』が6,993DLで現在ダウンロードAL首位、セカオワ2タイトルが追う

Billboard JAPAN

 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年2月25日~2月27日の集計が明らかとなり、ヒプノシスマイク(麻天狼/The Dirty Dawg)の『ヒプノシスマイク The Champion/T.D.D LEGEND』が6,993DLを売り上げ、首位を走っている。

 男性声優キャラによるラップバトルプロジェクト『ヒプノシスマイク』より、麻天狼「The Champion」とThe Dirty Dawg「T.D.D LEGEND」を収録した本作。「The Champion」は、Zeebraと理貴をプロデューサーに迎え、話題を呼んでいた。

 2位と3位には、2月27日に2作同時リリースされたSEKAI NO OWARIの『Lip』と『Eye』がついており、初動3日間でそれぞれ1,854DL、1,674DLを記録。初動3日間のCDセールスでは、『Eye』が『Lip』をわずかに上回るセールス数を記録しており、パッケージとダウンロードではリスナーの好みのタイプが分かれているようだ。

 4位~7位にはONE OK ROCK『Eye of the Storm』(1,556DL)、『瞬間的シックスセンス』あいみょん(1,556 DL)、『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン(1,391 DL)、『POP VIRUS』星野源(665 DL)らがトップ10内をキープ。ニューリリース組では、AK-69の2年半ぶりのアルバム『THE ANTHEM』と、声優の麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜による3人組ガールズユニット・TrySailの『TryAgain』が、それぞれ476DL、436DLを記録して8位と9位に入っている。

◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年2月25日~2月27日の集計)
1位『ヒプノシスマイク The Champion/T.D.D LEGEND』ヒプノシスマイク(麻天狼/The Dirty Dawg)
2位『Lip』SEKAI NO OWARI
3位『Eye』SEKAI NO OWARI
4位『Eye of the Storm』ONE OK ROCK
5位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
6位『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン
7位『POP VIRUS』星野源
8位『THE ANTHEM』AK-69
9位『TryAgain』TrySail
10位『BOOTLEG』米津玄師

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック