ブロードウェイ・スター、マシュー・モリソンが華麗に魅せる スタンダードからディズニー・ソングまで表現力豊かなパフォーマンスで披露した充実のステージをレポート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブロードウェイ・スター、マシュー・モリソンが華麗に魅せる スタンダードからディズニー・ソングまで表現力豊かなパフォーマンスで披露した充実のステージをレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

ブロードウェイ・スター、マシュー・モリソンが華麗に魅せる スタンダードからディズニー・ソングまで表現力豊かなパフォーマンスで披露した充実のステージをレポート

ブロードウェイ・スター、マシュー・モリソンが華麗に魅せる スタンダードからディズニー・ソングまで表現力豊かなパフォーマンスで披露した充実のステージをレポート


 ミュージカル『ヘアスプレー』のオリジナルキャストを務め、トニー賞にもノミネートされるなど、折り紙つきの実力を持つミュージカル界のトップ・ランナー、マシュー・モリソン。その彼が昨年に続き来日を果たし東阪を巡るツアーを開催。その初日を飾る公演が六本木・ビルボードライブ東京で2019年2月28日に行われた。

 開演時間を迎えると、まずはステージにバンド・メンバーが登場。ビッグバンドを思わせる多人数編成で、ピアノやドラム、ホーン・セクションのソロなども交えた「Morrison Hotel」を演奏。場内を音楽で満たし、主役を迎え入れる準備を整えた。

 続く曲が始まるとスポットライトに照らされた、マシュー・モリソンが場内に登場。フランク・シナトラの人気ナンバー「Come Fly With Me」を歌いながら客席内をしなやかに移動しステージへ向かってく。曲中は観客1人1人としっかりと視線を交わしつつ微笑みかけ、非常にリラックスした表情を見せていた。

 その後、エド・シーランの「Thinking Out Loud」、マルーン5の「She Will Be Loved」など人気アーティストたちのラブ・バラードを披露。ショーのオープニングからムードを変えてエモーショナルな歌声を届けてくれた。

 MCでは「ドウモアリガトウ。マシュー・モリソンです。トウキョウ、サイコー」と日本語で挨拶。そして「戻ってこれて嬉しいよ。来年もその後もまた来られるようにしたい。」と日本で公演する事への喜びを語ってくれた。更に「1度来てくれた人にまた来てもらいたいから、新しい曲をいつも用意してるんだ。もちろんお馴染みの曲も歌うよ。」とショーのコンセプトも教えてくれた。

 そこで、おもむろに傘を取り出すと誰もが知る「Singin’ in the Rain」のイントロが。歌唱中にみせる傘をステッキのように自在に操るパフォーマンスには、場内から「おーっ」と歓声があがった。続けざまに「Jet song」「America」「Maria」で構成された「West Side Story Medley」、「On The Street Where You Live」とミュージカル・ナンバーを、曲ごとに異なる感情を表現しながら歌いあげ、本場ブロードウェイの景色を見せてくれた。

 更にジョン・メイヤーの「Waiting On The World To Change」を挟み、息子と共にディズニー・ソングを楽しんでいるというエピソードを紹介。そこからバック・ヴォーカルのオリビア・バーレルをパートナーに迎え美しいハーモニーを奏でた「A Whole New World」、映画『ヘラクレス』の主題歌「Go The Distance」、ジーニーのようなコミカルな動きも交えてステージ内を縦横無尽に動き回った「Friend Like Me」、自らウクレレを手にとり陽気なナンバーを更に盛り上げた「The Bare Necessities」とディズニー・ヒット達を立て続けに披露した。

 そしていよいよ自身が大ブレイクするきっかけとなった海外ドラマ『glee/グリー』でもパフォーマンスしていたナンバー達が登場。まずは、ウクレレとコーラスを中心にした素朴な演奏にアレンジした「Somewhere over the Rainbow」。そのメロディに優しい歌声を乗せ、美しい旋律を響かせた。そしてラストの曲は、これまで自身のショーやテレビで歌ったことがなく今回が初お披露目となるものになると宣言し、バック・ヴォーカルの有坂美香を呼び込んだ。そして演奏が始まり、その曲が「Don't Stop Believin'」だと分かると会場は大歓声と拍手に包まれた。マシューがソロで歌い始めると息を呑むような雰囲気が場内に漂い、その声の持つ力の大きさを見せつけた。ヴォーカルの2人はコーラス・振り付けなど抜群のコンビネーションで、初披露のプレッシャーを感じさせないくらい、伸びやかにそして楽しげに名曲を歌いきった。

 定番ミュージカル・ナンバーはもちろん、近年のヒット・ソングなど本当に幅広い曲たちを、感情豊かに表現する歌唱力は本場のスターの力を見せつけるものでありながら、観客とも距離が近く彼の親しみやすいキャラクターも感じられるアットホームさも伝わってくるクラブ空間ならではのライブとなった。

 マシュー・モリソンは今後、3月1日に東京オペラシティ コンサートホール、3月4日と5日にビルボードライブ大阪にて来日公演を開催する。

Photo: Yuma Totsuka


◎公演情報
【An Evening with
マシュー・モリソン ~Live at Billboard Live~】
ビルボードライブ東京
2019年2月28日(木)※終了

ビルボードライブ大阪
2019年3月4日(月)、5日(火)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30

URL:http://www.billboard-live.com/

【マシュー・モリソン in コンサート2019】
東京オペラシティ コンサートホール
2019年3月1日(金)
1stステージ 開場 VIP席 14:30/一般 15:00 開演15:30
2ndステージ 開場 VIP席 18:30/一般 19:00 開演19:30


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい