カリード、新AL『フリー・スピリット』&ショート・フィルムをリリースすることを発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カリード、新AL『フリー・スピリット』&ショート・フィルムをリリースすることを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

カリード、新AL『フリー・スピリット』&ショート・フィルムをリリースすることを発表

カリード、新AL『フリー・スピリット』&ショート・フィルムをリリースすることを発表


 現地時間2019年2月28日、カリードが2ndアルバム『フリー・スピリット』を4月5日にリリースすることを発表した。同時に公開されたアートワークでは、砂漠に駐車された黄色のヴァンの上にカリードが両手を広げて立っている。

 先月公開された新作からの先行トラックで、ディスクロージャーとのコラボ「トーク」が、現在米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”50位につけている彼は、「アルバム“フリー・スピリット”が4月5日にドロップする。3月7日にプレオーダーするのを忘れないで」と投稿している。

 待望の新作について彼は「このアルバムは、これまでの素晴らしい2年間で僕が体験した成長と経験のピークを表すもの」と語っており、「ありとあらゆる人へ語り掛けるような作品を作るために、スタジオで心と魂を注いできた」とBeats 1とのインタビューで説明している。

 アルバムのリリースに先駆け、エミル・ナヴァ監督による同タイトルのショート・フィルムが、4月3日に全米の映画館で24時間限定で上映される。「僕は大した俳優ではないけれど、正直なところ“フリー・スピリット”の撮影はものすごく楽しくて、自分が居心地のいい場所から出ることで、ものすごくインスパイアされた。すごくナーヴァスでドキドキしていて耐えられないよ」と心境を語っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい