『3月1日はなんの日?』全米デビュー10周年、ジャスティン・ビーバーの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月1日はなんの日?』全米デビュー10周年、ジャスティン・ビーバーの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『3月1日はなんの日?』全米デビュー10周年、ジャスティン・ビーバーの誕生日

『3月1日はなんの日?』全米デビュー10周年、ジャスティン・ビーバーの誕生日


 3月1日はジャスティン・ビーバー25歳の誕生日。

 ジャスティン・ビーバーは1994年3月1日、カナダ・オンタリオ州生まれ。12歳の頃にYouTubeにアップしたパフォーマンスをきっかけにレコード会社と契約。2009年にシングル「ワン・タイム」で全米デビューを果たし、翌年発表された『My World 2.0』が全米ビルボードNo.1を獲得。ビルボードチャート史上最年少記録を樹立し、一躍トップスターの仲間入りを果たしたジャスティン。以降、リリース自体は決してハイペースではないものの、その作品の多くが全米No.1を獲得しており、アーティストとしての実力は誰もが認めるところ。2月27日には全米デビュー10周年を記念して、世界的大ヒットを記録した「ベイビー」(2010年)から最新曲まで、22曲を収録した初のベスト盤『ザ・ベスト』もリリースされている。

 近年はプライベートでの言動が注目を集めることが多いジャスティンだが、昨年ついに幼なじみでモデルのヘイリー・ボールドウィンとゴールイン。2人は結婚について正式な発表こそしていないものの、ジャスティンはヘイリーのことをすでに“妻”と呼び、ヘイリーも自身のSNSアカウント名を“ヘイリー・ビーバー”に変更。また、2人は現在発売中の米ヴォーグ誌の表紙を飾っており、ジャスティンは同誌で約2年ぶりとなるロング・インタビューに応じている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい