KREVA、 ロンドンの街中で“音”を探す「音色 ~2019 Ver.~」MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KREVA、 ロンドンの街中で“音”を探す「音色 ~2019 Ver.~」MV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

KREVA、 ロンドンの街中で“音”を探す「音色 ~2019 Ver.~」MV公開

KREVA、 ロンドンの街中で“音”を探す「音色 ~2019 Ver.~」MV公開


 KREVAが、1月にリリースした「音色 ~2019 Ver.~」のミュージックビデオを公開した。

 今年ソロデビュー15周年イヤーがスタート。アニバーサリーイヤーにふさわしく、2004年発表の「音色」から数えて満15周年を迎える2019年9月08日 (クレバの日)まで、9ヶ月連続リリース企画が既に発表されているKREVA。

 その第一弾として、1月にリリースされたKREVAの代表作の1曲でもあり、幅広い層から人気のデビュー曲「音色」をバンドサウンドで新たにレコーディングした「音色 ~2019 Ver.~」のミュージックビデオが公開された。

 本ミュージックビデオは今月頭のロンドンで撮影され、監督は大喜多正毅が担当。ロンドンのleake street、レドンホールマーケット、テムズ川など街中に溢れる様々な“音”を求めて、KREVAが歩いていくストーリー仕立ての映像で、中でも、ゴールドスミスホールでの歌唱シーンは圧巻の内容となっている。

 YouTubeではショートバージョン、無料動画配信サイト“GYAO!”ではフルバージョンが公開されている。


◎KREVA コメント
 曲が完成した際、音色を求めて街を彷徨う風景が浮かびました。そこが日本では無く、どこかヨーロッパの街だったという話をしたところ、今回のロンドン撮影が実現しました。
 スタッフの全員の頑張りもあり、最後まで見どころ満載の素敵な作品になったと思います!お見逃しのないよう!

◎大喜多正毅 コメント
 15年前、新人クレバが世に放った名曲「音色」は、優しい言葉を使いながら、ソロとしての居場所、存在感を求めて、どこか攻撃的な姿勢が見え隠れしている。ライブで歌い続けるうちに、代表曲にまで昇華された音色は、KREVAの血肉となり、しっとりとした表情を見せるようになる。
 2019年バンドサウンドで再録された音色は、人の温もりを得て、さらにしっとりと艶を放つようになった。そんな大人の男が絵になる撮影場所は、雨上がりのロンドンしかないのではないかと、飛行機に飛び乗りました。

◎配信情報
「音色 ~2019 Ver.~」
2019/1/15 RELEASE
※主要配信サイト・定額制聴き放題サービスで配信中


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい