さだまさし、セルフカバーアルバム2作品同時リリース決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さだまさし、セルフカバーアルバム2作品同時リリース決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
さだまさし、セルフカバーアルバム2作品同時リリース決定

さだまさし、セルフカバーアルバム2作品同時リリース決定


 さだまさしが、20年ぶりとなるセルフカバーアルバム『新自分風土記I~望郷篇~』『新自分風土記II~まほろば篇~』を同時リリースすることが決定した。

 2018年7月に『Reborn~生まれたてのさだまさし~』と題したオリジナル・アルバムを発表し、今の自分に甘んじることなく“進行形のさだまさし”を追求していこう、という思いを込めたその意欲作が話題を集める中、10月25日にレコードデビュー45周年を迎えたさだまさし。

 そんなアニバーサリーイヤーにふさわしい作品が、来たる2019年5月に発売されることが決定した。

 5月18日よりスタートする全国コンサートツアーに先駆けて発売となるニューアルバムは、『帰郷』(1986年発表)『続帰郷』(1999年発表)以来となるセルフカバー作品。『新自分風土記I~望郷篇~』『新自分風土記II~まほろば篇~』と題し、5月15日に2作品同時にリリースされる。

 サブタイトルから推測されるとおり、『新自分風土記I~望郷篇~』では故郷・長崎をテーマにした楽曲を軸に、『新自分風土記II~まほろば篇~』は根強いファン人気をもつ奈良をテーマにした楽曲を軸にセレクト。

 どちらの作品にも共通してさだが込めた思いは“再生”で、“今の自分が解釈・咀嚼し、新たな楽曲として生み出す”ことにこだわって制作された、前作『Reborn』に共通する“新・自分”“新・作品”となっている。

 今作品はそれぞれ映像DVDを付属した初回限定盤とCDのみの通常盤の2形態でリリース。

 『新自分風土記I~望郷篇~』付属DVDには長崎の浦上天主堂にてロケ撮影された「精霊流し」「祈り」「神の恵み~A Day of Providence~」や、地元コーラス隊との聖なるコラボレーション映像などを、『新自分風土記II~まほろば篇~』付属DVDには東大寺二月堂での「修二会」、大仏殿での「償い」、春日大社での「生生流転」、飛火野での「まほろば」など、普段見ることの出来ない特別なロケーションでの歌唱映像など、どちらのDVDにも希少な映像をボリューム収録していく予定となっている。


◎さだまさし コメント
 昨年のオリジナルアルバム『Reborn』の後、スタッフから今度は自身の旧作を“Reborn”させたら?と言う意見。成る程、と20年ぶりのセルフカヴァーを決意。ピアノ中心の1枚とギター中心の1枚計2枚のアルバム22曲を選出。
 “歌を故郷に帰す”という思いもあり、歌手人生45年をお守り戴いた御礼に春日大社に「まほろば」など、東大寺に「修二会」などを奉納させて戴き、長崎では浦上天主堂で「精霊流し」などを献歌しました。
 現在の声で“通好み”の楽曲を歌い直しました。600曲ほど歌を作ってきましたから、これから“さだまさし”を聞こうと思っても“何をどれから聞けば良いやら”と思って下さる初心者の方にも、勿論“通”のあなたにもお勧めです。まずは聞いてくださいね。

◎リリース情報
アルバム『新自分風土記I~望郷篇~』
2019/5/15 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)>
VIZL-1579 4,000円(tax out.)
<通常盤(CD)>
VICL-65182 3,000円(tax out.)

アルバム『新自分風土記II~まほろば篇~』
2019/5/15 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)>
VIZL-1580 4,000円(tax out.)
<通常盤(CD)>
VICL-65183 3,000円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい