R.ケリー、地元の“友人”女性が保釈金を支払ったことが明らかに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

R.ケリー、地元の“友人”女性が保釈金を支払ったことが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

R.ケリー、地元の“友人”女性が保釈金を支払ったことが明らかに

R.ケリー、地元の“友人”女性が保釈金を支払ったことが明らかに


 10件の性的虐待容疑で逮捕されたR.ケリーの保釈金10万ドル(約1100万円)を、彼の地元である米シカゴの郊外在住の女性が支払ったことが明らかになった。

 米シカゴ・トリビューン紙によると、先週金曜日に逮捕されてから米イリノイ州クック郡刑務所に収監されていたR.ケリーの解放に必要な保釈金―保釈聴聞会で裁判官が決定した保釈金額100万ドル(約1.1億円)の10分の1―を米イリノイ州ロメオヴィル在住の女性が支払ったことが、調書により明らかになったとのことだ。同紙は、女性が保釈金の納付書類にR.ケリーの“友人”と記したと報じている。

 ケリーには、2008年までさかのぼる、3人の未成年者を含む4人の被害者に対する刑事事件となる加重性的虐待容疑が掛けられており、今週月曜日には、ケリーの弁護士がすべての罪において無罪を主張していた。彼は、2008年に児童ポルノを巡る裁判で無罪になっている。

 収監されていたシカゴの刑務所を出たケリーを乗せた黒い大きなヴァンは、シカゴのダウンタウンに位置する大型のマクドナルドの駐車場に停車した。ケリーはすぐに車から降りてこなかったものの、彼の取り巻きが車の外に立っていると、暗い色のメルセデス・ベンツが隣に駐車したとのことだ。このマクドナルドは市内の有名な観光地のひとつで、以前は音楽がテーマとなったロックンロール・マクドナルドとして営業していた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい