ウルフルズ、対バンツアーで氣志團とともに「ガッツだぜ!!」をセッション 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ウルフルズ、対バンツアーで氣志團とともに「ガッツだぜ!!」をセッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ウルフルズ、対バンツアーで氣志團とともに「ガッツだぜ!!」をセッション

ウルフルズ、対バンツアーで氣志團とともに「ガッツだぜ!!」をセッション


 ウルフルズの対バンツアー【ウルフルズ ツアー2019 ~対バンさんいらっしゃい!】のZepp Tokyo公演が、ゲストに氣志團を迎え2月26日に開催された。
ウルフルズの対バンツアーZepp Tokyo公演 他画像

 ウルフルズと氣志團が同じステージで競演を果たすのは今回が初めて。チケットはソールドアウトし、満員御礼の会場内は18時のオープン時間から既に異様な熱気に包まれていた。

 今夜対バン相手として出演を果たした氣志團が凄まじいライブを繰り広げた後、ホスト役のウルフルズが登場。対バンツアー3日目となったこの日のライブでは、氣志團の演奏によってヒートアップしたオーディエンスを更に加熱させる形で圧巻のライブを繰り広げた。

 ライブ序盤で披露した「リズムをとめるな」は2月20日に配信リリースされたばかりの最新シングル曲。今回のツアーから披露している楽曲にも関わらず、ファンには既にこの楽曲を熟知しているかのような盛り上がりを見せていた。演奏後、トータス松本は「うわぁ、力入る! 氣志團め! ちきしょう!!」と先に出演し会場を大いに盛り上げた氣志團へのライバル心むき出しのMCを披露。

 今回が現在の3人体制になって初めてのツアーということで、新旧織り交ぜた選曲で緩急を付けながら客席を沸かし続けたウルフルズ。スリーピースになったことへのマイナス感など微塵も感じさせないパワフルな演奏で、観客のヴォルテージは終始上がり続けた状態の中、本編は終了。名残惜しさ全開の客席を尻目に一旦ステージ脇へとはけるメンバー3人。それから10分は経過しただろうか、アンコールの声援は鳴り止まずに続いていた中、ようやくステージの照明が明るくなると、ウルフルズと氣志團が全員お揃いで今回のツアーTシャツを着てステージ上へ再登場! ただ、氣志團の早乙女 光氏のみウルフルズのMV「ガッツだぜ!!」の殿コスチュームを着て登場!そのコスチュームを見ながら「(かつらの)先っちょは毛糸で出来てるんやね?手作りやね。」といじるトータス松本。客席の熱も上がり続けているその流れで「ガッツだぜ!!」をなんと氣志團と共にセッション!

 セッション終了後、ウルフルズと氣志團のメンバー計8名は手を繋ぎ合って、ステージいっぱいに広がり、客席へ向けてお辞儀をすると、客席からは割れんばかりの拍手喝采が巻き起こった。2月27日も同じく東京・Zepp Tokyoにて、SHISHAMOを対バン相手に招く形でツアー4日目が予定されている。今回は公演全ての日程で対バン相手が異なるツアーになるので、全公演見逃せない。バンド結成30年を超え、現在のスリーピース・バンドへと変貌を遂げた、日本を代表するワンダフルロックバンド、ウルフルズはまだまだ走り続ける。



◎ツアー情報【ウルフルズ ツアー2019 ~対バンさんいらっしゃい!】
2019年2月27日(水) 東京・Zepp Tokyo 出演:ウルフルズ / SHISHAMO
2019年3月08日(金) 名古屋・Zepp Nagoya 出演:ウルフルズ / クリープハイプ

【ウルフルズ ツアー2019 センチ センチ センチメンタルフィーバー “飛翔篇”】
ゲストミュージシャン:Gt:桜井秀俊(真心ブラザーズ) Key:浦清英
2019年5月18日(土)SENDAI GIGS
2019年5月22日(水)Zepp Nagoya
2019年5月24日(金)Zepp Fukuoka
2019年6月01日(土)Zepp Sapporo
2019年6月11日(火)Zepp Tokyo
2019年6月14日(金)Zepp DiverCity Tokyo
2019年6月19日(水)Zepp Osaka Bayside
2019年6月20日(木)Zepp Osaka Bayside


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい