BEGIN、中野サンプラザ公演に映画“ぼくいこ”の安田顕&松下奈緒がサプライズ登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BEGIN、中野サンプラザ公演に映画“ぼくいこ”の安田顕&松下奈緒がサプライズ登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

BEGIN、中野サンプラザ公演に映画“ぼくいこ”の安田顕&松下奈緒がサプライズ登場

BEGIN、中野サンプラザ公演に映画“ぼくいこ”の安田顕&松下奈緒がサプライズ登場

BEGINが2月24日に中野サンプラザで行った全国ツアーの東京公演に、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』に出演する安田顕、松下奈緒がサプライズ登場した。

 同公演は昨年12月12日にリリースした約3年振りとなるニューアルバム『PotLuck Songs』を引っさげてのコンサートツアー【第23回BEGINコンサートツアー2019】の東京公演として行われたもの。BEGINが主題歌を手掛けた映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(2月22日公開)に出演する2人との共演が実現した。

 2人は主題歌「君の歌はワルツ」のレコーディングにも参加しており、更にそのレコーディング風景を収めた映像は、実写とパラパラ漫画を融合させた「パラデル漫画」で話題のお笑い芸人、本田修が手掛けたミュージックビデオでも使用されている。

 「君の歌はワルツ」が演奏されたのはライブのアンコールの一番最後だった。「島人ぬ宝」の演奏が終わり、ヴォーカルの比嘉栄昇は同映画について話した後、「お2人にはレコーディングにもご参加頂きました、松下さんにはピアノ、安田さんにはトライアングルを演奏して頂いたのですが……実は今日、お2人に来て頂いています!!」と紹介。会場が歓声に包まれるなか、安田と松下はBEGINのTシャツを着て登場した。

 レコーディング同様、安田はトライアングルを鳴らしながらコーラスを、松下はピアノを担当。途中、安田がソロで歌う場面もあり、最後は全員で大合唱。まるで映画のエンディングのような雰囲気で終了した。

 演奏を終えた後、安田は「いやー、2階でずっと拝見していたんですけど、最高ですね、素晴らしい!」「BEGINさんが映画のために曲作ってくれました!映画も公開中です!こちらもぜひ宜しくお願いします!ありがとうございました!」と話し、ライブの幕が降ろされた。

 この日は「涙そうそう」「三線の花」「笑顔のまんま」など、BEGINの代表曲やマルシャショーラメドレーを合わせて全38曲が披露された。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい