アダム・ランバート、新曲「Feel Something」の制作経緯を明かす

Billboard JAPAN

 アダム・ランバートが新曲「Feel Something」(フィール・サムシング)を公開した。

 彼はインスタグラムでリリースを発表し、「この曲は、落ち込んでいた時期から這い上がり、自分が必要としているものを認め、心を開くことについて書かれた。独身男の人生は楽しいこともあるし、たくさんの情事もあるけれど、そのうちにむなしい気持ちになってくる」と綴り、「何も感じられなくなっていた―そして恋をしたかったのに、まだ心の準備ができていないこともわかっていた」などと曲が書かれたいきさつを説明している。

 新曲は現在制作中のニュー・アルバムに収録される予定で、正式なシングルの前にファンへ贈るギフトだと彼は投稿している。この新曲は、「自分の幸せと力には自分で責任を持ち、親密さを求めていく」自分自身の新時代の幕開けを告げる1曲だそうだ。

 彼はまた、クイーンと一緒にツアーをすることで「ポジティブなエネルギーを山ほど再チャージできた」と綴り、「勇気を持って前進する」力をくれる故フレディー・マーキュリーのスピリットにも感謝の言葉を述べている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック