橘ケンチ『未来の日本酒プロジェクト』プロデューサーに就任

Billboard JAPAN

 2018年7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的とした『未来の日本酒プロジェクト』のプロデューサーに橘ケンチ(EXILE / EXILE THE SECOND)が起用され、2019年2月21日に東京・hotel koe Tokyoにて発表会が行われた。
橘ケンチ その他イベント画像

 豪雨災害では人間のみならず、風土や清流を生かして長年醸し続けてきた酒造の多くも被害を受けている。そんな中、日本酒の魅力を発信することで需要を喚起すべく、公私を問わず各エリアの酒蔵を訪れてきた橘ケンチがプロデューサーとして、岡山と広島の2蔵へプロデュース支援を実施する。

 橘は「自分が今何ができるか模索している最中です。日本酒には不思議な力があると思っています。人と人を結び付けたり、日本酒を介して様々なドラマが生まれていく経験が僕自身多かったので、そういった魅力を伝えていきたいです。僕にしかできないプロデュースの仕方ができたらなと思います。」と意気込みを語った。さらに、プロデュースする際の大切にしたい“こだわり”については「人の温度感ですね。そして、喚起的なものにしないということです。より多くの方が関わってこれるような仕組作りを意識したいです。」と話した。

 EXILEメンバー内では、EXILE AKIRAや小林直己、地元が同じEXILE TETSUYAとプライベートで呑みに行くことが多いと話し、報道陣から日本酒とレモンサワーのどちらのほうが多く飲むかと質問されると「レモンサワーが多いかもしれないです(笑)。それを日本酒に変えていきたいです。」と語った。



◎イベント情報
【未来日本酒プロジェクト事業会】
2019年2月21日
東京・hotel koe Tokyo
登壇者:橘ケンチ(EXILE / THE SECOND)、Discover Japan 統括編集長高橋俊宏、賀茂泉酒造 高橋俊宏、賀茂泉酒造(広島)担当者、丸本酒造(岡山)担当者

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック