『2月21日はなんの日?』ジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日 没後4年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『2月21日はなんの日?』ジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日 没後4年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『2月21日はなんの日?』ジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日 没後4年

『2月21日はなんの日?』ジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日 没後4年


 2月21日は音楽史に残る偉大なジャズ・トランペッター、クラーク・テリーの命日。

 クラーク・テリーは1920年12月14日、アメリカ・ミズーリ州セントルイス生まれ。10代の頃から音楽活動をスタートさせ、60年代にはカウント・ベイシー、デューク・エリントン、クインシー・ジョーンズのバンドを渡り歩き、トップ・トランペッターとして活躍。当時のテリーの演奏は、地元セントルイスの後輩であるマイルス・デイヴィスの演奏スタイルにも大きな影響を与えたと言われている。

 70年以降はフリューゲルホルン奏者としてバンドを率いたほか、精力的に後進の育成もおこない、2010年の【グラミー賞】では<生涯功労賞>を受賞、残されたレコーディング音源は900にものぼるとも言われている。60年以上にわたりジャズの継承と発展に貢献し続けたが、晩年は自宅療養生活に。しかし、その間も病床から愛弟子である盲目の若手ピアニスト、ジャスティン・コフリンに演奏指導をおこない、その模様はドキュメンタリー作品『Keep on Keepin' On』に収められている。最期まで後進の育成に尽力したテリーは、2015年2月21日、94歳という大往生の末にこの世を去っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい