【ビルボード】302,533枚を売り上げたSTU48「風を待つ」総合首位獲得 あいみょんアルバム発売で13曲チャート・イン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】302,533枚を売り上げたSTU48「風を待つ」総合首位獲得 あいみょんアルバム発売で13曲チャート・イン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

【ビルボード】302,533枚を売り上げたSTU48「風を待つ」総合首位獲得 あいみょんアルバム発売で13曲チャート・イン

【ビルボード】302,533枚を売り上げたSTU48「風を待つ」総合首位獲得 あいみょんアルバム発売で13曲チャート・イン


 前作「暗闇」を約15万枚上回り、STU48の2ndSG「風を待つ」が302,533枚を売り上げる躍進ぶりを見せてシングル1位となり、他指標ではルックアップ4位、Twitter2位、ダウンロード62位、ラジオ12位と、シングル・セールスが牽引して“JAPAN HOT 100”総合首位を獲得した。

 ダウンロードが前週28,319DLで当週28,670DL、動画再生は前週6,751,808回で当週6,422,259回と両指標とも横ばいの米津玄師「Lemon」だが、同曲の動画再生数が3億回を突破するなどのニュースが広く拡散してTwitter数を増加させ、ダウンロード、ルックアップ、Twitter、動画、カラオケで1位となり5冠獲得、前週4位から当週総合2位に返咲きを果たした。

 アルバムのニュー・リリースで両雄激突となった、あいみょんとONE OK ROCK。あいみょんはストリーミング数を大きく伸ばして、旧作含め13曲を100位以内に送り込んだ。前週に引き続き総合5位を守った「マリーゴールド」はストリーミング前週2,600,045再生から当週3,335,195再生に、同じく引き続き8位を守った「今夜このまま」は前週1,961,906再生から当週2,326,931再生と、ストリーミングが牽引しての複数曲チャート・インとなっている。またONE OK ROCKは、アルバム収録曲の6曲が100位以内にチャート・インしている。「Wasted Nights」は、ストリーミングが前週1,405,914再生から当週1,601,637再生へと、こちらもストリーミングが牽引するかたちは変わらずで、ユーザーのストリーミング・サービスへの順調な移行が強く印象付けられる結果となった。

◎【JAPAN HOT100】トップ10
1位[-]「風を待つ」STU48(302,533枚・-・-)
2位[4]「Lemon」米津玄師(6,233枚・28,670DL・-)
3位[-]「微炭酸」Juice=Juice(93,112枚・2,661DL・-)
4位[-]「Reason」山下智久(72,890枚・-・-)
5位[5]「マリーゴールド」あいみょん(-・12,545DL・3,335,195再生)
6位[-]「COSMO」PENTAGON(52,812枚・-・-)
7位[6]「Wasted Nights」ONE OK ROCK(-・3,644DL・1,601,637再生)
8位[8]「今夜このまま」あいみょん(-・-・2,326,931再生)
9位[2]「好きと言わせたい」IZ*ONE(8,393枚・3,646DL・605,862再生)
10位[9]「U.S.A.」DA PUMP(-・3,313DL・904,427再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい