FLOWのアニバーサリーイヤー締めくくる武道館公演をWOWOWでオンエア 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

FLOWのアニバーサリーイヤー締めくくる武道館公演をWOWOWでオンエア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

FLOWのアニバーサリーイヤー締めくくる武道館公演をWOWOWでオンエア

FLOWのアニバーサリーイヤー締めくくる武道館公演をWOWOWでオンエア


 FLOWの日本武道館ライブの模様を収めた特別番組『FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館~神祭り~』が、3月3日21時からWOWOWライブでオンエアされる。
FLOW日本武道館ライブ その他画像

 2018年にメジャーデビュー15周年を迎え、国内のみならず中南米5か国でもライブを行なったFLOW。アニバーサリーイヤーの締めくくりとなる『FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館~神祭り~』は、1月30日に開催された。

 2008年9月以来の日本武道館単独公演は超満員。KEIGOが「行くぞ武道館! 神祭り!」と叫び、最新曲の「Break it down」でスタートした。「JOY TO THE WORLD」やファンとタオル回しで一体感を生み出した「Steppin’out」など、序盤から会場はヒートアップ。「Red Hot Riot」では炎の特効と共にファンも赤いペンライトで会場を真っ赤に染め、続く「ブレイブルー」ではペンライトを青にチェンジし、会場の雰囲気を変えるなど、ファンも一緒にライブを演出した。「メロス」でポジティブなメッセージを発信し、「常夏エンドレス」ではファンキーなサウンドで真冬の会場に夏のムードを呼び込むなど、曲ごとに会場の空気を一変させるところもFLOWの大きな魅力と言える。

 「10年かかったけど、またこのステージに立てているのが本当にうれしいです。10年前は『FLOWってどんなバンド?』って聞かれても、フワっとしていた。でも、今はハッキリ言える。FLOWは『みんなでライブを作り続けてきたバンド』です!」とKEIGOが力強く語り、「みんなで歌って完成する曲」だと、日本武道館公演のテーマソングである「ONENESS」を演奏。冒頭から会場中が一緒に歌い、タイトル通り気持ちが一つとなった。

 後半にかけても、大勢のダンサーたちのパフォーマンスが彩りを添えた「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」をはじめ、会場中が大合唱になった「Sign」、「とことん行こうぜ! 武道館!」と煽りながらKOHSHIとKEIGOがステージの端から端まで走りながら歌った「GO!!!」など、メンバーもオーディエンスもどんどん熱くなっていった。

 「俺たちが何で続けてこられたのかと言うと、たった一つ。そこにみんながいてくれたから。だから前に進んできました。この5人だけじゃ何もできません。俺たちに関わってくれた全ての皆さんに15年分の想いを伝えさせてください! ありがとうございました!」とKOHSHIが感謝の気持ちを伝え、「Garden」で本編が終了した。

 アンコールでは、4月10日に3年ぶりのオリジナルアルバム『TRIBALYTHM』をリリースすること、5月からアルバムを引っさげての全国ツアーを行うことを発表。そして、そのアルバムに収録される「PENDULUM」(ゲーム『コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ』テーマソング)を、ビジョンに映し出されたアニメ映像と共に披露した。

 この一夜限りのスペシャルライブを締めくくる楽曲に彼らが選んだのは、2003年にリリースしたデビュー曲「ブラスター」。原点とも言える楽曲に、15年分の想いと経験を込めて演奏し、安定感だけではなく、次へと進む期待も感じさせながらステージの幕が下ろされた。

◎番組情報
『FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館~神祭り~』
2019/3/3(日)21:00からWOWOWライブで放送


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい