クレイグ・デイヴィッド、8年ぶり大熱狂の来日公演ライブレポートが到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クレイグ・デイヴィッド、8年ぶり大熱狂の来日公演ライブレポートが到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
クレイグ・デイヴィッド、8年ぶり大熱狂の来日公演ライブレポートが到着

クレイグ・デイヴィッド、8年ぶり大熱狂の来日公演ライブレポートが到着


 全世界トータル・セールス1,500万枚以上、英国を代表するR&B/ソウル・シンガー=クレイグ・デイヴィッドが、“イビザの歴史上最も成功したプール・パーティー”と言われている“TS5”を、2019年2月18日に渋谷TSUTAYA O-EASTにて日本初敢行。ソールド・アウトとなった8年ぶりの一夜限りの貴重な来日公演【クレイグ・デイヴィッド プレゼンツ TS5】のライブレポートが到着した。

 直近2作のオリジナル・アルバムで全英1位・2位を獲得し、大復活を果たしたクレイグ・デイヴィッドが8年ぶりに来日。その劇的なカムバックのきっかけとなった「TS5」と呼ばれるDJスタイルのパフォーマスを披露した。

 クレイグといえば、とびきり甘い歌声のR&B/ソウル・シンガーとして知られるが、この「TS5」のライヴでは歌のみならずDJ も兼任。バンドは率いず、完全なるひとり舞台で進行する。

 往年の大ヒット曲「リワインド」を歌いながらステージ袖からクレイグが登場すると、久々の再会に会場のファンは大熱狂。そこにデビュー曲「フィル・ミー・イン」が続けられると、早くも興奮の坩堝と化していた。黒いトレーナーの上下にGジャンというスポーティな装いのクレイグは、ステージ中央のDJブースと観客の間を常に行き来しながら、歌って、踊って、オーディエンスを煽ってと大忙し。ほとんどノンストップで繋がれるトラックをバックに、もちろん歌は生歌だ。そのトラックも、いわゆるカラオケ的なものではなく、他の楽曲とのマッシュアップだったり、異なる曲のビートの引用だったり、即興的にアカペラに切り替えるなど、ライヴ感や臨場感に溢れている。

 自身の曲のみならず、TLCやEVE、ホイットニー・ヒューストンなどによる90年代~00年代の懐かしいヒット曲も多数プレイされたり、最近の曲ではジャスティン・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」のカヴァーや、リアーナが歌ったDJキャレドの「ワイルド・ソーツ」をスターダストの「ミュージック・サウンズ・ベター」に乗せて歌うといった技アリな展開も飛び出した。さらに、そこから上手く、自身の「ホウェン・ザ・ベースライン・ドロップス」や「マジック」といった最新ヒットへと見事に繋げていくのだから恐れ入る。

 中でも最大のハイライトは「ハートライン」と「エイント・ギヴィング・アップ」の2曲だろうか。開放感溢れるトロピカルなサウンドを前に、オーディエンスは両手を掲げて大喜び。どちらも復活後の近2作からのヒット曲だが、ファンもクレイグの進化をしっかり受け留め、歓迎している様子がうかがえた。

 実はシンガーとしてデビューするよりも先に、DJとしてキャリアをスタートしていたクレイグ。今回のツアーではDJ としてのスキルもたっぷり披露された上、グライムMCとしての弾丸早口ラップもふんだんに投下され、オーディエンスを唸らせ大喝采を浴びていた。もちろん、スウィートでハンサムな歌声もますます磨きがかかっていたし、エンターテイナーとしての資質や魅力も光っていた。オーディエンスのひとりひとりと常にアイコンタクトを取りながら、ステージ前方のファンとはひっきりなしに握手を交わし、触れ合いを大切にする。バスティルとのコラボ曲「アイ・ノウ・ユー」を歌った際には、「ここにいるひとりひとりについて知ってるわけじゃないけれど、でもみんなと分かり合えてる気がするんだ。そんな気持ちを歌っている」とMC。ラスト・ナンバーとなった「シックスティーン」まで、「東京」という言葉を幾度となく歌詞に入れて歌ってくれたクレイグ。音楽を介して繋がり、対話をしているかのようなインタラクティヴな80分間。最高にフィールグッドなショウだった。

Text:村上ひさし
Photo:Kayoko Yamamoto


◎公演情報
【クレイグ・デイヴィッド プレゼンツ TS5】
2019年2月18日(月) ※終了
渋谷TSUTAYA O-EAST

◎リリース情報
日本独自企画アルバム『クレイグ・デイヴィッド ジャパン・コレクション』
AVAILABLE NOW
<CDアルバム>
SICP-31229 2,500円 (tax in)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい