Sonar Pocket史上初にして最大の挑戦、野外ワンマンライブ開催を地元名古屋公演にて発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Sonar Pocket史上初にして最大の挑戦、野外ワンマンライブ開催を地元名古屋公演にて発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Sonar Pocket史上初にして最大の挑戦、野外ワンマンライブ開催を地元名古屋公演にて発表

Sonar Pocket史上初にして最大の挑戦、野外ワンマンライブ開催を地元名古屋公演にて発表


 Sonar Pocketが、史上初にして最大の挑戦となる野外ワンマンライブを7月20日に開催することを、地元名古屋公演にて発表した。

 Sonar Pocketは2018年9月にメジャーデビュー10周年のアニバーサリーを迎え、これまでの感謝の思いを全国のファンへ伝えるべく、2018年10月から2019年4月までにわたって全39公演の全国ツアー【Sonar Pocket 10th Anniversary Tour flower】を開催している。満員御礼のツアー前半戦を終え、2月からは演出やセットリストを変えた後半戦が幕を開けた。 17日はSonar Pocketの地元である愛知:名古屋センチュリーホール公演ということもあり、満員の観客席はいつも以上の興奮で埋め尽くされていた。

 10年間の歴史を彩ってきた数々の名曲をはじめ、ライブの定番曲が詰め込まれた本編が終わると、メジャーデビュー曲「Promise」の大合唱でメンバーを呼び込む観客たち。 Sonar Pocketのライブではお馴染みとなっているシーンだが、この日の合唱はいつにも増して会場に鳴り響いていた。実は、1か月ほど前から、突如としてオフィシャルHPに現れた“謎のカウントダウンタイマー”が本編終了とともに、0:00:00になったのだ。今か今かとカウンターの答えを期待する観客、ステージの巨大スクリーンに和太鼓の音とともに重大発表を告げる映像が投影されたのだ。徐々に明かされる情報に高揚していく会場が興奮のピークを迎えたのは、彼らの地元である、東海エリア最大級のレジャー施設“ナガシマスパーランド”を舞台に開催となるSonar Pocket史上初の野外ワンマンライブだった。

 大きな歓声に向かってステージに戻ったメンバーからは「メジャーデビュー前に立てた大きなステージ、ナガシマスパーランドで初めてづくしの挑戦ができる事に興奮しています。10周年の歴史の中で伝説の日になります、特別な瞬間を是非一緒に過ごしたい」と話すとリアルタイムで配信していた先では既に期待に胸を膨らますコメントで溢れた。Sonar Pocket史上初にして史上最大の挑戦となる、10周年最大のお祭りを待ちきれない様子だ。公演のチケットは、来週からファンクラブ会員のチケット先行が開始される。


◎公演情報
【Sonar Pocket 初 野外ワンマン Welcome to ソナポケスパーランド】
2019年7月20日(土) ※雨天決行 荒天中止
ナガシマスパーランド 芝生広場・野外特設ステージ
昼公演【ベストヒットパレード 水のお祭り】
Open 11:30 Start 13:00(終演15:00)
夜公演「ベストヒットパレード 炎のお祭り」
Open 16:30 Start 18:00(終演20:00)

◎リリース情報
シングル『好き』
2019/4/10 RELEASE
<通常盤(CD Only)>
WPCL-13036 1,389円(tax out)
<初回限定盤A(CD+DVD)>
WPZL-31597 1,852円(tax out)
<初回限定盤B(CD+DVD)>
WPZL-31599 1,852円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい