MAN WITH A MISSION、スクエニCMに書き下ろした新曲「Left Alive」全世界デジタル配信

Billboard JAPAN

 MAN WITH A MISSIONの新曲「Left Alive」が、2019年2月28日に全世界デジタル配信される。

 2019年第1弾となる新曲「Left Alive」は、2月28日に発売となるスクウェア・エニックスの“絶体絶命サバイバルアクションゲーム”『LEFT ALIVE』のCMソングとして描き下ろされた楽曲。ゲーム中に登場するヴァンツァー(機動兵器)の「ヴォルク」がロシア語で狼を意味することもあり、ゲーム制作チームからのラブコールを受けて今回のコラボレーションが実現した。

 ジャケ写は『LEFT ALIVE』のキャラクターデザインを担当している新川洋司(株式会社コジマプロダクション)書き下ろしで、ゲームの世界観とリンクしている。



◎MAN WITH A MISSION コメント
楽曲ヲ作ル前カラゲームノ内容ヲ伺ッテマシテストーリーソノモノヲ非常ニカッコイイ作品ダナト思イマシタ。
ソノ世界ノ一部トシテ我々ノ音楽ガ使ワレルコトニ興奮ト嬉シサヲ隠セマセン。
ゲームノ世界観ニ自分自身モドップリハマリタイトルモコレ以外ナイナ、ト思イマシタ。
自分ノ選択一ツデ未来ハ変ワル。ゲーム同様楽曲ニモソノ意志ヲコメテ作リ上ゲマシタ。
(ジャン・ケン・ジョニー)

◎リリース情報
配信シングル「Left Alive」
2019/02/28 RELEASE

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック