STEPHENSMITH、先進性とポテンシャルの高さを大いに感じさせた初ワンマン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

STEPHENSMITH、先進性とポテンシャルの高さを大いに感じさせた初ワンマン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
STEPHENSMITH、先進性とポテンシャルの高さを大いに感じさせた初ワンマン

STEPHENSMITH、先進性とポテンシャルの高さを大いに感じさせた初ワンマン


 STEPHENSMITH(スティーブンスミス)が、初のワンマンライブ【Essay】を、2019年2月8日に渋谷 TSUTAYA O-nestで開催した。
STEPHENSMITHワンマンライブその他画像

 昨年12月5日にアルバム『ESSAY』をリリースしたSTEPHENSMITH。ステージは、昨年春の配信&アナログリリースとなった「豪雨の街角」からスタート、前半では「紫陽花」「手放せ」、MV公開中の「欲しがり」など、アルバム収録曲が一気に演奏された。アルバムでは鍵盤やサックスを交えた楽曲も、ライブではメンバー3人だけの演奏で再現、トリオバンドながら、そのアンサンブルの多様さに客席からは感嘆の声があがっていた。

 中盤、山下達郎のカバーなどでも知られる、ブレッド&バターの1970年代の名曲「ピンクシャドウ」が演奏されると、初のワンマンのせいか多少の固さを残した前半より一転、ステージ、客席ともにリラックスしたムードに。続く「微温湯の雨」「夜釣」など福岡時代の曲の後には、早く録音をしたいというMCを受け、アルバム未収録の新曲「LOAFER」「LADY」を連続で演奏、リリースライブとしながらも、既に次のステップを見据えた彼らの姿勢を感じさせる構成となっていた。

 本編最後は、メンバーの思い入れが強いという「皺寄せ」、そしてアンコールは、昨年末に公開されたMVが順調に再生数を伸ばしている「ベッドタイムミュージック」を披露、彼らのR&Bミュージックへの強い憧憬を感じさせる楽曲でライブを締めくくった。まさにバンドのテーマである「スロウタッチ」が見事に具現化されたSTEPHENSMITHのライブ、彼らの先進性とポテンシャルの高さを大いに感じさせる初ワンマンとなった。

Photo by Jumpei Yamada

◎セットリスト
【STEPHENSMITH Release Live 「Essay」】
2019年2月8日(金)TSUTAYA O- nest
01. 豪雨の街角
02. 紫陽花
03. 手放せ
04. 放蕩の歌
05. デコルテ
06. 欲しがり
07. ピンクシャドウ
08. 微温湯の雨
09. 夜釣
10. フラットな関係
11. LOAFER
12. LADY
13. あだると
14. 皺寄せ
En. ベッドタイムミュージック


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい