『2月3日はなんの日?』“ロックが死んだ日”から60年、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーの命日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『2月3日はなんの日?』“ロックが死んだ日”から60年、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーの命日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『2月3日はなんの日?』“ロックが死んだ日”から60年、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーの命日

『2月3日はなんの日?』“ロックが死んだ日”から60年、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーの命日


 今からちょうど60年前の1959年2月3日、アメリカ・アイオワ州のクリアレイク近郊に小型チャーター機が墜落した。そこに搭乗していたのは、3人の才能溢れる若きミュージシャンたち。黒縁メガネ&スーツという出で立ちで独創的なロックンロールを演じ、若者たちを熱狂させていたバディ・ホリー。メキシコの伝統的な楽曲をロックンロール調にアレンジした「ラ・バンバ」で知られるリッチー・ヴァレンス。そして人気ラジオDJからレコード・デビューという異例の経歴を持つJ.P."ビッグ・ボッパー”リチャードソン。当時3人は全米ツアーの最中だった。

 音楽史に残るこの悲劇は、1971年に全米No.1ヒットを記録したドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」で“The Day the Music Died(音楽が死んだ日)”と歌われて以降、広くその呼び名が定着している。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい