野宮真貴、ピチカート・ファイヴ時代のソロAL『miss maki nomiya sings』リイシュー決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野宮真貴、ピチカート・ファイヴ時代のソロAL『miss maki nomiya sings』リイシュー決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

野宮真貴、ピチカート・ファイヴ時代のソロAL『miss maki nomiya sings』リイシュー決定

野宮真貴、ピチカート・ファイヴ時代のソロAL『miss maki nomiya sings』リイシュー決定


 野宮真貴が、ピチカート・ファイヴ時代にリリースしたソロアルバム『miss maki nomiya sings』を、3月20日にリイシューすることが決定した。

 同アルバムは2000年にリリースされたもので、ピチカート・ファイヴの世界進出と同時期にアメリカで活躍した本田ゆか(CIBO MATTO)やテイ・トウワ、野宮のデビューアルバムをプロデュースした鈴木慶一、KISSファン同士として交流のあるHEESEY(THE YELLOW MONKEY)等々、個性あふれるプロデューサー陣によってピチカートとは異なる彼女の魅力を引き出した作品。

 アルバムの約半分はイタリアナポリの沖にあるカプリ島でレコーディングされ、当時に日本で知る人ぞ知る存在であった“イタリアの渋谷系”モンテフィオーリ・カクテルやVIP200と言った、全世界同時多発なシンクロニシティアーティストたちとコラボを行ったアルバムとなっている。

 今回はボーナストラックとして、当時はコンピレーション盤でしか聴くことができず、入手困難となっている横山剣とのコラボ楽曲「地球を七回半まわれ」も収録される。

 また、2月7日には、2016年に発売され増刷を重ねたエッセイ『赤い口紅があればいい』が文庫で発売されることが合わせて発表された。

 国内外で多くのファンを持つファッショニスタにしておしゃれカリスマの野宮真貴が、“簡単に美人に見える方法”を惜しげもなく明かし、多くの女性を救った名著となっている。


◎リリース情報
アルバム『miss maki nomiya sings』
2019/3/20 RELEASE
COCP-40774 2,500円(tax out.)

◎書籍情報
文庫『赤い口紅があればいい』
発売日:2019年2月7日(木)
出版社:幻冬舎
価格:500円(+消費税)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい