【先ヨミ・デジタル】『ボヘミアン・ラプソディ』サントラがDLアルバム首位に返り咲き 星野源/King Gnuが拮抗中 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】『ボヘミアン・ラプソディ』サントラがDLアルバム首位に返り咲き 星野源/King Gnuが拮抗中

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】『ボヘミアン・ラプソディ』サントラがDLアルバム首位に返り咲き 星野源/King Gnuが拮抗中

【先ヨミ・デジタル】『ボヘミアン・ラプソディ』サントラがDLアルバム首位に返り咲き 星野源/King Gnuが拮抗中

 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年1月14日~1月16日の集計が明らかとなり、クイーン『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』が1,866DLで首位を走っている。

 本作は、2018年11月19日付のチャート以降TOP3を死守し続けているロングヒット作。このまま順位を維持できれば、同年12月10日付のチャート以来、7週ぶりの週間チャート首位獲得となる。

 その『ボヘミアン・ラプソディ』サントラと長らく首位争いを見せていた星野源『POP VIRUS』は1,515DLで速報2位に。しかし、その差は351DLと僅かなので、週間チャートでの逆転も十分あり得るだろう。

 さらに、King Gnuのメジャーデビュー・アルバム『Sympa』が1,419DLを記録し、ロングヒットとなっている上位2作に食い込む勢いを見せている。なおKing Gnuは、インディーズ時代のアルバム『Tokyo Rendez-Vous』も36位に再浮上している。

 また、昨日17日に発表されたCDアルバム・セールスの速報で1位を走行中のLittle Glee Monster『FLAVA』は、ダウンロードも好調。初動3日間で1,088DLを記録し、現在4位についている。


◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年1月14日~1月16日の集計)
1位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
2位『POP VIRUS』星野源
3位『Sympa』King Gnu
4位『FLAVA』Little Glee Monster
5位『BOOTLEG』米津玄師
6位『Queen Jewels』クイーン
7位『ANTI ANTI GENERATION』RADWIMPS
8位『Greatest Hits (2011 Remaster)』クイーン
9位『WONDER HACK』Shuta Sueyoshi
10位『アリー/ スター誕生 サウンドトラック』レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい