『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの命日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの命日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの命日

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの命日


 1月18日は「ホテル・カリフォルニア」「ならず者(Desperado)」「テイク・イット・イージー」などで知られるロック・バンド、イーグルス創始者の一人であるグレン・フライの3回目の命日。

 2016年1月18日に67歳でこの世を去ったグレン・フライ。イーグルスはこれまでに全米ビルボードNo.1アルバムを6枚(ベスト盤含む)、No.1シングルを5曲輩出しており、フライはそれらのソングライティングの多くに携わっている。また、ソロとしても成功を収めており、「ヒート・イズ・オン」「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」(ともに1985年)の2曲が全米ビルボード2位となる大ヒットを記録している。

 フライの死をもって一度は解散を表明したイーグルスだが、グレン・フライの息子であるディーコンをメンバーに迎えてコンサート活動を再開。2019年も2月26日のニュージーランド・オークランド公演を皮切りに、オセアニア~欧州ツアーをおこなう予定となっている。また、昨年11月にはバンドの全音源と映像作品を14枚<12CD、1DVD、1ブルーレイ>に収録したボックス・セット『レガシー』もリリースしている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい