『1月11日はなんの日?』“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『1月11日はなんの日?』“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『1月11日はなんの日?』“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの誕生日

『1月11日はなんの日?』“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの誕生日


 1月11日は“クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”メアリー・J. ブライジの48回目の誕生日。

 1971年1月11日、ニューヨーク・ブロンクス生まれのブライジは、1990年代初頭にR&Bとヒップホップを融合したスタイルで瞬く間にシーンを代表する歌姫の座につき、現在もなお多くの女性シンガーの憧れとして唯一無二の存在感を誇っている。

 ブライジを一気にスターダムにのし上げたのは、デビュー・アルバム『ホワッツ・ザ・411?』からのセカンド・シングル「リアル・ラヴ」(1992年)。オーディオ・トゥーによるヒップホップ・クラシック「トップ・ビリン」をサンプリングした同曲は、全米ビルボード7位、R&Bチャート首位に輝いている。以降、R&Bチャートにおいて多数のNo.1シングルを輩出してきたブライジだが、総合チャートHOT100における全米No.1ナンバーは意外にも2000年代に入ってから。2001年、5作目のスタジオ・アルバム『ノー・モア・ドラマ』の1stシングル「ファミリー・アフェアー」。ドクター・ドレーのプロデュースによる同曲で自身初の全米ビルボードNo.1を獲得、そこから6週連続で首位の座を独走した。

 一方、アルバムにおいては1997年発表の3rdアルバム『シェア・マイ・ワールド』を皮切りに計4枚のアルバムでこれまでに全米No.1を獲得。2017年にリリースしたスタジオ・アルバム『ストレングス・オブ・ア・ウーマン』は惜しくも首位こそ逃したものの(全米3位)、同年には来日公演のほか大規模なワールドツアーをおこなったほか、Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』にも出演。助演女優賞と歌曲賞にWノミネートされたアカデミー賞をはじめ、多くの映画賞レースに名を連ね、女優としても高い評価を獲得している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい