【先ヨミ】OH MY GIRL『OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM』が14,115枚を売り上げ現在首位 ギャンパレ/岡崎体育が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】OH MY GIRL『OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM』が14,115枚を売り上げ現在首位 ギャンパレ/岡崎体育が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

【先ヨミ】OH MY GIRL『OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM』が14,115枚を売り上げ現在首位 ギャンパレ/岡崎体育が続く

【先ヨミ】OH MY GIRL『OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM』が14,115枚を売り上げ現在首位 ギャンパレ/岡崎体育が続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2019年1月7日~1月9日の集計が明らかとなり、OH MY GIRL『OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM』が14,115枚を売り上げて首位を走っている。

 日本デビュー作となる今作には、韓国でヒットした楽曲の日本語バージョンに加え、最新曲「花火(Remember Me)」の韓国オリジナルバージョンが収録されている。本作は初動3日間で14,115枚を売り上げており、この数字は昨年8月に日本デビューを果たしたグループ内ユニット・OH MY GIRL BANANAのデビューミニアルバム『バナナが食べれないサル』の初週売上枚数を早くも上回る数字となっている。

 その背中を追うのは、GANG PARADE『LAST GANG PARADE』。2018年リリースのシングル表題曲「BREAKING THE ROAD」「GANG 2」「CAN’T STOP」の他、メンバーが作詞を手掛けた楽曲が多数収録されている。本作は、2017年11月にリリースされた前アルバム『GANG PARADE takes themselves higher!!』の初週売上枚数を上回る12,198枚を売り上げており、前作越えを確実としている。また、現在1位との差は約2,000枚。週間チャートの首位争いは、勢いのあるガールズグループ同士の対決になりそうだ。

 3位は、かねてから目標としてきたさいたまスーパーアリーナでの公演を控える岡崎体育の新作『SAITAMA』。続いて、星野源『POP VIRUS』がリリース4週目前半も速報トップ5入りを果たした。また、5位の映画『ボヘミアン・ラプソディ』サントラは、総売上枚数16万枚を突破した。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2019年1月7日~1月9日)
1位『OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM』OH MY GIRL(14,115枚)
2位『LAST GANG PARADE』GANG PARADE(12,198枚)
3位『SAITAMA』岡崎体育(6,187枚)
4位『POP VIRUS』星野源(5,768枚)
5位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン(4,736枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい