【ビルボード】D/Zeal「ハーモニクス」が断トツのセールスでアニメ・チャート首位

Billboard JAPAN

 2019年1月7日付(集計期間:12月24日~12月30日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、D/Zealの「ハーモニクス」が1位を獲得した。

 スマートフォン向けアプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』より誕生した新ユニットD/Zealが歌う本曲は、ゲーム内イベントで使用された劇中歌で、12月26日にリリースされたシングル『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 12 D/Zeal』に収録されている。セールス1位、ダウンロード14位、ルックアップ5位、Twitter5位と、2位以下を大きく離すセールス・ポイントが原動力となり、本アニメ・チャートで1位に輝いた。

 2位には、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の主題歌の三浦大知「Blizzard」がチャートイン。こちらはラジオ1位、セールス7位、ダウンロード1位、ルックアップ2位、Twitter1位、動画再生1位、ストリーミング2位と、各指標でバランスよく高ポイントを獲得している。DAOKO × 米津玄師の「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』主題歌)は、ストリーミングと動画再生で高い人気を見せており、前週より1つ順位を上げて3位についた。米津は、トップ10内に、6位「ピースサイン」(TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』オープニング曲)、10位「orion」(TVアニメ『3月のライオン』エンディング曲)と計3曲がチャートイン。いずれも前週のポイントを上回るポイント数を稼いでおり、いまだ衰えを見せていない。

 「打上花火」に続くのは、スマートフォンゲーム『アイドリッシュセブン』に登場するRe:valeより千(立花慎之介)の「千年先もずっと…」で、千の誕生日である12月24日に配信された本曲は、ダウンロード2位、Twitter2位と、この2指標のみで初登場4位を記録した。そして5位のTVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』オープニング曲であるLiSA「ADAMAS」は、ルックアップでトップを獲得し、3週連続でトップ5圏内をキープしている。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「ハーモニクス」D/Zeal
2位「Blizzard」三浦大知
3位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
4位「千年先もずっと…」千(立花慎之介)
5位「ADAMAS」LiSA
6位「ピースサイン」米津玄師
7位「UNION」OxT
8位「SNOW FLAKES MEMORIES」シャイニーカラーズ
9位「Defiance」ジェジュン
10位「orion」米津玄師

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック