米津玄師の幻想的な世界観、松任谷由実の登場、北島三郎の大復活――『紅白』視聴率&総括コメント公開

2019/01/04 15:10

米津玄師の幻想的な世界観、松任谷由実の登場、北島三郎の大復活――『紅白』視聴率&総括コメント公開
米津玄師の幻想的な世界観、松任谷由実の登場、北島三郎の大復活――『紅白』視聴率&総括コメント公開


 2018年12月31日に放送された『第69回 NHK紅白歌合戦』の世帯視聴率、NHK制作局エンターテインメント番組部 部長によるコメントが公開された。
 関東・関西共に、視聴率が前回よりアップした今回の『NHK紅白歌合戦』。番組部 部長は、企画や見どころを振り返りつつ、「人々の思いを、例年にも増して“紅白という器”いっぱいに詰め込んで、視聴者のみなさんにお届けできたと自負しています。」とコメントしている。

◎世帯視聴率
※ビデオリサーチ調べ。( )は前回。
<関東>
前半:37. 7%(35.8)
後半:41. 5%(39.4)
<関 西>
前半:35. 2%(33.2)
後半:40. 5%(39.6)
◎NHK 制作局エンターテインメント番組部 部長 二谷 裕真 コメント
「第69回NHK紅白歌合戦」を終えて
第69回紅白歌合戦は、第67回から「夢を歌おう」という共通テーマを掲げた3年目でしたが、なにより「平成最後の紅白」を強く打ち出した紅白でした。
前回に引き続き制作した「グランドオープニング」VTRでは、年末を過ごす家族や友人
たちの部屋をイメージしながら平成紅白の名シーンを振り返りました。
司会陣は、2年連続となった総合司会の内村光良さんがコントやダンスに大活躍すれば、紅組司会の広瀬すずさんは人生初の司会とは思えない落ち着きを見せ、白組司会の櫻井翔さんは安定感抜群! それぞれの魅力たっぷりに息の合った進行で、番組を盛り上げてくれ
ました。
ゲスト審査員は、大河ドラマの主役・中村勘九郎さんと阿部サダヲさんから、タレントの出川哲朗さんまで、バラエティに富んだ豪華な11人。永野芽郁さん、安藤サクラさん、そして司会の広瀬さんで3作連続の朝ドラヒロインが勢ぞろいしたことも注目されました。
審査方法は、ゲスト審査員 11人での勝敗1ポイントと会場審査員(観客)での勝敗1ポイント、そして視聴者審査員での勝敗1ポイント、計3ポイントで競うという単純明快なシステムを初めて採用。白組が2ポイントを獲得して勝利しました。
歌唱シーンはいずれも紅白ならではのダイナミックな演出でお楽しみいただきました。松任谷由実さんの「私が好きなユーミンのうた」募集企画で、スタジオ歌唱シーンからNHKホールに突然現れる演出、米津玄師さんの幻想的な世界観を表現した徳島からの中継、北島三郎さんの大復活、サザンオールスターズ35年ぶりのNHKホール歌唱など、ひとときも視聴者を離れさせまいと渾身のシーンの連続だったと思います。
また今回は、BS4K8Kで本放送された初めての年でもあり、迫力の鮮明映像をお楽しみいただけたと思います。
2018年は、冬季オリンピックやサッカーワールドカップをはじめ、アスリートたちが華々しい活躍をみせ、勇気をくれた年でしたが、一方で多くの災害に見舞われた年でもありました。うれしいこと、楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、そんな人々の思いを、例年にも増して“紅白という器”いっぱいに詰め込んで、視聴者のみなさんにお届けできたと自負しています。
改めまして、全ての出演者の皆様、また撮影や中継に御協力いただいた関係者の皆様、そして全国の視聴者の皆様に心より感謝申し上げます。

あわせて読みたい

  • 安室不在の紅白に黄信号 強力裏番組が続々…テレ東は「孤独のグルメ」で飯テロ

    安室不在の紅白に黄信号 強力裏番組が続々…テレ東は「孤独のグルメ」で飯テロ

    dot.

    11/29

    時代に追いつけない「紅白歌合戦」がそろそろ終わっていい理由 懐メロ&ジャニーズ路線も限界に

    時代に追いつけない「紅白歌合戦」がそろそろ終わっていい理由 懐メロ&ジャニーズ路線も限界に

    dot.

    10/31

  • 紅白歌合戦は日本人の

    紅白歌合戦は日本人の"安住の地"? 「なぜ、日本人は紅白を見続けてしまうのか」

    BOOKSTAND

    12/29

    年末年始特番の勝ち負け 紅白“史上最低視聴率”のワケ

    年末年始特番の勝ち負け 紅白“史上最低視聴率”のワケ

    週刊朝日

    1/14

  • サブちゃんが平成最後の紅白に復活する舞台裏 待望論も?

    サブちゃんが平成最後の紅白に復活する舞台裏 待望論も?

    週刊朝日

    12/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す