マーク・ロンソン、マイリー&リアムのためにウェディング定番曲を口笛で披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マーク・ロンソン、マイリー&リアムのためにウェディング定番曲を口笛で披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マーク・ロンソン、マイリー&リアムのためにウェディング定番曲を口笛で披露

マーク・ロンソン、マイリー&リアムのためにウェディング定番曲を口笛で披露


 マイリー・サイラスとリアム・ヘムズワースの結婚を祝して、現地時間2018年12月26日にマーク・ロンソンが、2人のためにウェディング・ソングを披露する映像を自身のTwitterに公開した。彼は、先日マイリーとコラボ・シングル「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート」を発表したばかりだ。

 マークは、マイリーとリアムがキスをするモノクロの写真が表示されたiPadを自分の隣りに置き、花嫁の入場曲として定番の「Here Comes the Bride」を、ギターと口笛でカヴァー。演奏を終えると、「2人ともおめでとう。2019年には、みんなが本物の愛を見つけることができますように」というメッセージを付け加えた。

 これを受けてマイリーとリアムは、マークがブルーノ・マーズとタッグを組んだ大ヒット・ナンバー「アップタウン・ファンク」に合わせて踊る動画を投稿して、感謝の意を示している。

 2010年に公開された映画『ラスト・ソング』の撮影で出会ったマイリーとリアムは、約10年の交際を経て、先週末結婚した。
 

◎マーク・ロンソンによる投稿
https://twitter.com/MarkRonson/status/1078072424086847489

◎マイリー・サイラスによる投稿
https://twitter.com/MileyCyrus/status/1078084129617526784
https://twitter.com/MileyCyrus/status/1078084170201608196


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい