日伊の超絶技巧派ギタリストによる夢の共演が実現、オープニング・アクトには葵ミシェルも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日伊の超絶技巧派ギタリストによる夢の共演が実現、オープニング・アクトには葵ミシェルも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
日伊の超絶技巧派ギタリストによる夢の共演が実現、オープニング・アクトには葵ミシェルも

日伊の超絶技巧派ギタリストによる夢の共演が実現、オープニング・アクトには葵ミシェルも

日伊の超絶技巧派ギタリストによる夢の共演が、2019年早々に実現する。ギタリスト Ryutaro主宰のレーベル Sugarless Recordsが、1月27日(日)に東京は永福町のホール会場 sonoriumで開催する【The day of Sugarless vol.9】だ。

 Ryutaroは、アメリカでの武者修行中はアポロシアター・アマチュアナイトにて日本人初のソロ・アコースティック・ギタリストとして出演し、国連本部での演奏や、グラミー賞受賞シンガー グレゴリー・ポーターのオープニング・アクトを勤めた経験も。超絶的なテクニックのみならず、タッピング、スラップ、ボディヒッティング、ストンプボックスといった様々な奏法に加えて、エフェクターまで駆使して繰り広げられる常識を超えた音楽で国内外から高い評価を得るなど、知る人ぞ知る稀代の音楽家だ。


 そんな彼が、レーベル・メイトにして類稀なる作曲センスと超絶技巧を併せ持つ新時代のソロ・ギタリスト 福成修治と共に迎えるのが、母国イタリアからヨーロッパ各国、アメリカやカナダでも広く活躍する唯一無二の演奏家 ピーノ・フォラースティエーレ。錚々たる経歴はもちろん、近年では自らの要望を具現化して計16本の弦を携えたオリジナル・ギターを使用し、新たな音響と質感を追求する奏法が世界に衝撃を与えており、ドキュメンタリー映画『The Wall』にも起用された逸材が、日本に上陸する。

 また、当イベントにはオープニング・アクトとして、葵ミシェルも出演。2017年よりギターの表現を高めるため、シンガー・ソング・ライターとしての活動を封印してアコースティック・ギターの奏者としての道を探求している彼女が、日伊の超絶技巧派を前に、どのような演奏で応えるのかにも注目だ。


・YouTube「Pino Forastiere Caos Calmo LIVE 2017」
https://youtu.be/vhFwySwh-rM

・YouTube「Yln Mn Blue/re-mix of vivid color/Ryutaro」
https://youtu.be/5nKFmapYgOI

・YouTube「福成修治 咲かずとも絶えず TDS vol,4」
https://youtu.be/zIXIuUlPSSI

・YouTube「「Standing On The Hill」Acoustic guitar Instrumental 葵ミシェル/AOI Michelle」
https://youtu.be/LTtPbfMf-Q0


◎【The day of Sugarless vol.9】
2019年1月27日(日) 東京 永福町 sonorium
OPEN 16:30 / START 17:00
出演:Ryutaro、福成修治、ピーノ・フォラースティエーレ(Pino forastiere)
オープニングアクト:葵ミシェル

チケット:前売 4,500円 / 当日5,000円(全席自由)
通販サイト http://acoworld.thebase.in/items/14223237
チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1851804

イベントオフィシャルサイト:


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい