【ビルボード】三浦大知「Blizzard」が遂にアニメ・チャート首位 「ひまわりの約束」と「Story」が久々カムバック 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】三浦大知「Blizzard」が遂にアニメ・チャート首位 「ひまわりの約束」と「Story」が久々カムバック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】三浦大知「Blizzard」が遂にアニメ・チャート首位 「ひまわりの約束」と「Story」が久々カムバック

【ビルボード】三浦大知「Blizzard」が遂にアニメ・チャート首位 「ひまわりの約束」と「Story」が久々カムバック


 2018年12月31日付(集計期間:12月17日~12月23日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、三浦大知の「Blizzard」が1位を獲得した。

 12月19日に発売された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の主題歌である三浦大知の「Blizzard」はラジオ、ダウンロード、ルックアップ、Twitter、動画再生、ストリーミングの6指標で1位を獲得。同日リリースのシャイニーカラーズ「SNOW FLAKES MEMORIES」(『THE IDOLM@STER SHINY COLORS』)が、「Blizzard」を上回るCDセールス・ポイントを記録したものの、「Blizzard」は各指標で高ポイントを稼ぎ、2位の「SNOW FLAKES MEMORIES」以下を大きく引き離すポイント数で、チャートイン6回目にして遂に本チャートの首位に立った。

 トップ20圏内には、秦基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)と映画『ベイマックス』よりAI「Story」が、それぞれ17位と19位と、久々のチャートイン。どちらもカラオケとストリーミングが牽引し、「ひまわりの約束」は33週ぶり、「Story」に至っては実に64週ぶりに本チャートにカムバックを果たした。忘年会シーズンでカラオケに行く機会が増え、この曲が多く歌われたことがカムバックの大きな要因と考えられる。

 また、2019年1月3日より放送開始するTVアニメ『BanG Dream!2nd Season』より、Roselia「BRAVE JEWEL」は5位、RAISE A SUILEN「R・I・O・T」は7位、Poppin'Party「キズナミュージック♪」は8位と、先週に引き続き3曲がトップ10に同時チャートインしている。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「Blizzard」三浦大知
2位「SNOW FLAKES MEMORIES」シャイニーカラーズ
3位「ADAMAS」LiSA
4位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
5位「BRAVE JEWEL」Roselia
6位「ピースサイン」米津玄師
7位「R・I・O・T」RAISE A SUILEN
8位「キズナミュージック♪」Poppin'Party
9位「レイメイ」さユり×MY FIRST STORY
10位「UNION」OxT


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい